l

  1. トップ
  2. 最近みた映画
  3. 最近みた映画-2017年

最近みた映画-2017年

白い沈黙

犯人が顔を出してしまったこと、少女生きていること。これだけで恐怖がなくなってしまう。寒々しい雪の季節の映像は良いのですが、少女が全然悲壮感なく暮らしているあたりがまた感情移入させない要因か。父親も有能なのかそうでないのか。母親は父親を貶しまくっているので嫌悪感。警察も全然役立たないといういらだち。
評価 ★★★

楽天市場

シビル・アクション

裁判物としていまいち盛り上がりに欠ける内容だった。主人公がやり手なら面白かったけども、小さな弁護士事務所でお金を持っていないものだから、窮地に追い込まれる。環境保護庁に頼ってなんとかなったというのは、今までの戦いはなんだっのかといったことに。最初からそこに頼ることは思い浮かばなかったのか。依頼してきた女性もお金じゃないときっぱり弁護士を批難。
評価 ★★★

楽天市場

先生と迷い猫

猫を出しておけば映画としてはある程度の質を保つことができるという例。この映画は少年の怖さ。そもそも少年を登場させる必要があったのか。カッターナイフを弄っている場面なんかはサスペンス映画なのかと思ってしまう。校長先生も偏屈さから嫌われているのですが陰口を言われているのを見るのは気分が良いものじゃない。
評価 ★★

楽天市場

13時間 ベンガジの秘密の兵士

銃撃戦は最初は面白いものの最後には飽きてしまう。籠城戦だからか。そして、大使を助けられなかったのはがっかりする要因。映画の中でもあったけども、意味のない戦いだから、見ている側も銃撃戦を見ているだけ。
評価 ★★★

楽天市場

ブルーラグーン ~恋の目覚め~

二人が無人島に流されたのはわかるけども、どれだけ遠くに流されたのかがわからず。捜索で無人島を探すと見つかるだろうに。そして、二人の無人島生活は全然大変そうではなく、快適に過ごしているような生活ぶり。全然悲壮感がなかった。ヒロインがかわいいというだけで、何か無人島生活のサバイバルをもっと見たかった。
評価 ★★★

楽天市場

ダメ男に復讐する方法

ダメ男に復讐する3人というよりは、ダメ男に引っかかったダメ女という結果ではないだろうかと。ダメ男に復讐しなければいけないということは、自分たちがダメ女という証。夫はかなり顔の整っているけども、奥さんはちょっとあれなんで浮気されてもおかしくないのではないかと思ってしまったりした。
評価 ★★★

楽天市場

日本のいちばん長い日

こういったことがあったのかと勉強にはなりますが、映画として面白いかというと別で。セリフが早くて難しい言葉が沢山登場するので字幕付きでみましたが、当時の歴史を最初に予習していないと全然頭に入って来ないのは確かです。阿南陸相の自害は痛そうだったな。誰も止めないあたりは時代なのか。
評価 ★★★

楽天市場

僕だけがいない街

おかしな点が多くて繋がらない事が沢山。この映画で良かった点は石田ゆり子さんがとても綺麗でかわいいという所だけ。主人公の藤原竜也の母親役はさすがにおかしいだろう。大人から子供に戻って事件解決に奔走するのだけども、はっきり言って先生が怪しいってことに気づいた後もたいして何かをするわけではないという不思議。結婚して西園という名前になっていたとしてもバイト先によく来るならば一目瞭然。そして、なぜか最後はビル屋上で対決。ビル屋上になぜ?
評価 ★★★

楽天市場

カノジョは嘘を愛しすぎてる

物語はよくあるやつなのでどうこう言うことはないでしょうけども、この映画の唯一良い点は大原櫻子がとても可愛いこと。そして、歌がうまいこと。それだけといった所でしょうか。大原櫻子ひとり輝いている映画です。ですから、大原櫻子さんのファンならばといったところ。
評価 ★★★

楽天市場

裏切り者

裏切り者というよりも、主人公が悪い友達をもったことを悔やむ必要がある。主人公も犯罪で服役したことも褒められないわけで、母親に心配ばかりかけているあたり、何も擁護する気持ちにもなれない。主人公を含めて悪い奴らは因果応報。
評価 ★★★

楽天市場

ルーム

実際にこういう事件はあるのですが、この映画では犯人が早めに顔を出しているために全然怖さがなかった。監禁生活から脱出後の生活がこの映画のメーンだとは思いますが、そんなに大変そうには描かれていなかった。わりと軽い感じで。シェイムレスのフランクが登場しているのはずるい。シェイムレスを知っているために、どうしてもフランクとして見てしまう。
評価 ★★★

楽天市場

白ゆき姫殺人事件

この映画、電車男みたいな作風だった。ツイッターを頻繁に登場させているのは今風なのでしょうけども、あまりにもツイッターの声が大きいので、事件がとても軽く感じた。しかし、狩野さんが犯人になるには動機が弱い気がするのだが。そして、城野さんが階段で押したのは確かで、城野さんは捕まらないのか。
評価 ★★★

楽天市場

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

眺めのいい部屋といってもニューヨークの中でということなのか。売却価格が一億円あたりなのは全然庶民的ではないというのは確かだ。なぜそこに魅力を感じるのかがわからないからいまいち伝わってこない部分があった。犬の手術代もとんでもない額ですが、それを簡単に出せるというのは驚き。
評価 ★★★

楽天市場

「僕の戦争」を探して

ジョン・レノンのそういった映画があったことをこの映画を通じて初めて知った。そして、この映画はジョン・レノンに会うことを主とはしていなかった。3人組のロードムービー。先生が先生らしくない考えの持ち主で、これが周りの人に良い影響を与えていた。ジョン・レノンに会うためにアルメリアには早々に到着してしまうので、そこでの滞在記みたいなものが中心なのですが、そこでの先生、女性、少年の触れ合いがほのぼのしていたので、こちら側もあたたかい気持ちになれた。
評価 ★★★

楽天市場

シェル・コレクター

これはいったい・・・。貝類学者として特別何かしらやっているようには見えず。ただ貝を集めているだけではないかと。女性が流れ着くのも意味がわからない。どうやって?外国人の通訳が漁師というのも訳わからない。息子もいったい何がしたかったのか。よくわからない映画を作りたかったなら成功したといえよう。
評価 ★★

楽天市場

ビーチ・シャーク

ビーチ版トレマーズといった所か。これを作ったのが数年前ということを考えると、映画を作る技術が退化しているのか。いくら低予算でももっと上手く作ることが出来る気がしてならない。マヌケなのか、無駄にビーチに近づいて亡くなる人たち。町長なんてその最たるもの。ブレンダ保安官も頼りがいがあるのかないのか。
評価 ★★

楽天市場

かけがえのない人

運命を信じるかどうかは人それぞれなのですが、この映画はエンディングの無理やり感はもったいないな。それに、若い頃と中年になった頃の俳優が全然違う顔をしている。雰囲気が違うという。別の物語が始まったのかと思った。ドーソンが亡くなり息子の心臓移植の相手だったというのも無理があるな。ドーソンの家族の刑期は意外と短かったのだなしかし。
評価 ★★★

楽天市場

バタフライ・エフェクト

エヴァンがケイリーのことを好きになったのが分岐点だったというのはわかるが、結末はハッピーエンドではないあたりに何かモヤモヤしたものがある。それよりも、トミーが危険な人物なのは虐待を受けたせいだけなのか。エヴァンがケイリーと仲良くならないことでトミーがいい方向に進むというのはまた違うような。しかし、精神科医はなぜ日記がないと嘘をつく必要があったのか。
評価 ★★★★

楽天市場

砂上の法廷

不倫の相談を受けた主人公の弁護士が奥さんの不倫相手だったということか。そういったことから計画を遂行したと。一番のやり手は主人公だったということか。法廷ものの中ではそんなに面白さは感じなかったのは、息子はやったか奥さんがやったかとかやられた相手に全然味方するだけの要素がなかったせいか。
評価 ★★★

楽天市場

JAWS/ジョーズ

名作を40以上経ってから見ることになるとは。例え古い映画だとしても全然色あせていない、面白さ怖さがありました。頼りがいのある船長とは違い何をして良いのかおろおろしていた署長がまさかの大活躍。船長も最後は間抜けなやられ方でした。3人で酒を酌み交わす場面なんかは3人がひとつになる意味で重要。
評価 ★★★★

楽天市場

告白

森口先生が教室で告白する場面がハイライトかと思って最後まで見たら、まさかのどんでん返しが待っていた。すべて森口先生が仕組んでいたという。導いていた。若い頃の橋本愛がかわいいのですが、今と違って骨格がしっかりしていないからでしょうか。岡田将生演じるウェルテル。あんな教師いたらそりゃー嫌われるだろうなと。岡田将生は適役だった。
評価 ★★★★

楽天市場

この国の空

当時の時代背景があったにせよ里子にとっては市毛が魅力的な男性に思えても仕方なし。男前なわけだから。里子の市毛をみる目が徐々に変わっていく様がこの映画の面白いところ。母親からの忠告を全く無視するほどの市毛に入れ込んでしまう。止められない。里子が市毛に恋したことをすぐに母親とおばさんが感づいたのは同じ女性だからなのか。
評価 ★★★

楽天市場

白鯨との闘い

この邦題から白鯨と戦うことがメーンの映画かと思っていたら全然違っていた。キャスト・アウェイと同じで船を失ってからのサバイバルがメーンだった。漂流している間の水。そして、食料。人を食べたというのは焼いて食べたのか?それとも生肉なのか?漂流した際の生きる術を誰も知らなかったのかが気になる。
評価 ★★★

楽天市場

エヴェレスト 神々の山嶺

最初の20分ほどでもう飽きてしまう満足してしまうほどの重たさ。ただただ重い。最後まで重いので疲れがひどくなる。エヴェレストよりもずっとハードルの高い映画だった。映像は素晴らしいので映像だけ流していれば良いぐらい。深町は羽生を撮影するために赴いているのに途中で諦めてしまう。これがイマイチわからなかった。そして、全然体力も経験もないのに密着して取材しようというのも無謀。
評価 ★★

楽天市場

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

なにもいうことはないね。いつもの映画ドラえもんでした。
評価 ★★★

楽天市場

ゾンビシャーク 感染鮫

いまどきこんな陳腐なCGのサメは珍しい。30年前かと思った。よほど予算がなかったのだろうなと思う。そして、なぜか人々はサメのいる海に近づくという不思議。嵐も全然来る気配はない。なにより、ソフィが最後まで姉によって大事に保護されていたと思っていたら、あっけなくやられる始末。研究所の女性もまたあっけない。間抜けぶり。
評価 ★★

楽天市場

Dearダニー 君へのうた

アル・パチーノの渋さがかっこいいのですが、年齢の割に若くみえるのは何かやっているのだろうか。ハリウッドの俳優はアレコレとやっていることが多いので、アル・パチーノも例外じゃないのかもしれませんが。親子の仲がそんなに簡単に埋まるとは思えませんが、この映画ではそういったのはこだわらないといった展開。数十年新作を作らないのはさすがに笑ってしまいますが、ヒット曲があるだけでも十分なのは間違いありません。
評価 ★★★

楽天市場

母と暮せば

母親と子供が暮らす物語だと思っていたのですが、拍子抜け。まさかの幽霊物語でした。ホラーに近い演出がありましたが、母と子の会話がほとんどを占めている映画なので、正直な所すぐに飽きてしまいます。
評価 ★★★

楽天市場

レヴェナント:蘇えりし者

映像美が素晴らしい。スタビライザーを多用して長回し。それが臨場感を演出している。この映画のハイライトは熊との場面。まるで本物かと思ってしまうほどの出来。あれは本当にリアルで怖い。熊に襲われて生きているだけでも奇跡なのですが、そこから復活しての復讐劇。何度もみたい映画ではありませんが、熊の恐ろしさを知るには良い映画です。
評価 ★★★★

楽天市場

アルカトラズからの脱出

刑務所からの脱出物は好きで、特にショーシャンクの空にが好きで。こちらの作品は実話を基にしているのと冤罪ではないようですが。限られた条件、限られた調達物を使っての島からの脱出。陸続き出ない所からの脱出は相当な困難。脱出までに至る過程が面白くて、脱出物の醍醐味はそこにあります。
評価 ★★★★

楽天市場

黒崎くんの言いなりになんてならない

これはリアルではないからいいものの、もしそうならば黒悪魔はただのセクハラで気持ち悪いやつということになります。立派な寮なのに男女一緒というおかししさに突っ込んでは行けないでしょう。物語全体で抑揚に乏しいので、見ている側は退屈なのは否めません。俳優目当ての十代女性向けだとしたら成功なのでしょうけど。
評価 ★★

楽天市場

ディバイナー 戦禍に光を求めて

歴史の背景を知らないので全然感情移入することはありませんが、主人公の父親は勇敢なのか猪突猛進なのかわかりづらい。ホテルの女性と恋の関係になるというのは何か違うのじゃないかと。息子たちの遺骨を探すために来ておきながら、そっちに気がいくというのは。コーヒー占いもイマイチわからなかった。
評価 ★★★

楽天市場

ドルフ・ラングレン 処刑鮫

邦題がひどい。この邦題でないと注目が集まらないということか。邦題だけでなく内容もなんだかな。ドルフ・ラングレンそのものが強いということもなく、鮫そのものも小さくて弱い。警官の女性がセクシーなだけで、特に何か目立ったものがなかった。
評価 ★★

楽天市場

アルティメット・サイクロン

ラインマンの物語なのですが、ストーカー男によって姪のベイリーが間接的に銃で撃たれるという顛末は果たして必要だったのか。ラインマン一本でいけば良かったものの。しかし、全体的にチグハグ感が否めなかった。トラボルタの死に方も全然肯定できない。体重かけて動くならば他に方法あったでしょうと。
評価 ★★

楽天市場

禁断のケミストリー

主人公の俳優をどこかで見たことがあると思ったらグリーンマイルだった。この映画の終わり方はハッピーエンドというよりも、なんとかバレずに済んで万事休すを免れた。薬局の仕事も全然忙しそうに見えず、すごく楽そうでストレスが溜まるようには見えなかったが。
評価 ★★★

楽天市場

※日本パッケージソフト未発売

イニシエーション・ラブ

あまり深く考えずに見ていたから、最後の種明かしで騙された!となりました。太った男性が痩せたところで松田翔太にはならないだろうと疑問を持っていましたが、それは映画だからありなのかと思っていたら。しかし、マユは寂しさを埋めるために二股をしたのだろうけども、最終的にどちらの鈴木を選ぶのかという所が気になる。映画はそれを描いていませんが。
評価 ★★★

楽天市場

マイ・インターン

見始めてから終わるまであっという間。それだけテンポが良かったのだろうと思う。アン・ハサウェイは相変わらずかわいいので評価も向上。現代社会の問題を取り上げつつも、最終的にはハッピーエンド。ただ、夫が浮気しているのを丸く収めてしまったのは良いのか悪いのか。清々しい気分になれる映画でした。
評価 ★★★★

楽天市場

ベアリー・リーサル

内容からいって10代向けのチープな映画です。チープな映画ですから、気楽に見る分には最適かと。チープな内容かどうかは10代が見てどう感じるかで違ってきますが、沢山映画を見ている人には物足りないかと。主演のヘイリー・スタインフェルドは注目しています。
評価 ★★

楽天市場

ファング一家の奇想天外な秘密

おかしな両親に育てられた子供はどうなるかといった事を証明しているようで、身につまされます。他人を巻き込んだ迷惑行為を芸術と称しているのもおかしなことで、それが芸術ならば何でもかんでも芸術ということになってしまいます。事件に巻き込まれたと見せかけたのも芸術とするあたりは狂っていると見られてもおかしくありません。
評価 ★★★

楽天市場

チャップリンからの贈りもの

桜の木、パナソニック製のテレビ。これだけで日本人ならば親しみを感じてしまいます。チャップリンがしたように社会風刺が混じっている内容で、貧しい者にも救いがあるといった内容です。サミラ役の子供が可愛かった。
評価 ★★★

楽天市場

THE 有頂天ホテル

メリーゴーランドのように目まぐるしく忙しく事が展開していきます。ひとつのホテルを舞台に様々な人が密接に関係してトラブルが発生。撮影の仕方もカットは少なめでスタビライザーを多用しています。ハイライトは西田敏行が両側から紐を引かれる場面。浜ちゃんと同じような役柄。
評価 ★★★

楽天市場

アイアムアヒーロー

日本の映画でここまでやれるとは驚いた。有村架純の役割がいまいちよくわからないまま終わってしまったものの、序盤から中盤にかけては面白かったのだけども、アウトレットモールで失速した。陸上選手の跳躍力。ゾンビだからといって棒を使わずアウトレットモールの屋上まで飛べるのはやり過ぎ。
評価 ★★★★

楽天市場

COP CAR/コップ・カー

ケビン・ベーコンがもっと子どもたちを執拗に恐怖を与えながら追いかける物語と思っていたものの、まさかのドジってしまったという焦りから行動するだけで、怖さが全然なかった。それよりも、暴走する少年二人のが怖かった。最後の銃弾が跳ね返りによって負傷した少年。この場面が一番怖かった。作り手の少年の扱い方に恐怖。
評価 ★★★

楽天市場

サヨナラの代わりに

最強のふたりをどうしても思い浮かべながら視聴してしまうきらい。シェイムレスの印象が強いので、エミー・ロッサムは不利です。ただ、この映画での役柄はシェイムレスとほとんど変わらない感じです。ALSの病気どうこう関係なく、映画としては中途半端な出来。病気を広く衆知したいのか、感動させたいのか。主人公も全然苦しそうな感じが伝わって来なかったので、そのあたりがマイナスだったのだろうか。良い家に暮らしているあたりも駄目だった理由か。
評価 ★★★

楽天市場

マーセナリーズ 傭兵部隊

傭兵部隊といっても4人しかいないという少数。しかも、装備も意外と貧弱で。予定外の任務でさっそく一人やられてしまう間抜けぶり。住民を助けたのはいいものの、腰が高いためにやられたと見ている。そして、その住民たちが武器を手にしたのですが、その住民のが強そう。こういった映画の場合、緊張感がないというのはどうだろうか。低予算だから仕方ない面もあるかもしれませんが。
評価 ★★

楽天市場

家族はつらいよ

家族はつらいよというよりも、おじいさんの傍若無人がつらいよといった感じで、おばあさんも最後に許しちゃうのも何か違うような。熟年離婚どうこうよりも、品を失った人がいることのストレスじゃないかと。相手が誰であろうと品性がないと付き合っていられないわけで。
評価 ★★★

楽天市場

暗殺教室~卒業編~

前作に引き続きやはり主演の俳優がどうも気になってしまって集中できなかった。なぜにそんなナヨナヨとしているのだろうかと。殺せんせーを助けるような展開になることもつまらなくさせているのかと。最終的には生徒の手によって殺せんせーは終りを迎えますが、しかし、主人公がいつの間にか先生になっている。しかも、容姿が全然かわらない。中学生の容姿ではないので設定上無理があり、その生徒がいつの間にか先生に。
評価 ★★★

楽天市場

二重逃亡

ベアリーリーサルのヘイリー・スタインフェルドが出演していますが、今注目している俳優です。父娘の逃避行を描いた物語ですが、麻薬組織が意外と怖くなくボスも何かブラッド・ピットに似ている。物語そのものがどうしても父娘の物語に持っていこうという強引さが多少見られました。離れれいた父娘の仲が良くなるのか?という疑問があります。
評価 ★★★

楽天市場

※日本パッケージソフト未発売

タイムリミット

面白そうな設定だなと見始めると、これが全くの空振り。主人公をはじめ、対峙する敵役と思われる人物たちも緊張感がなく、また弱々しい。そもそも、主人公が全然寒そうではない。切羽詰まっていない。そして、女性と実は恋人関係で最後は助かるというオチ。そこはいいとして、実はコンテナだったというのは明らかに無理がある。コンテナそのものが小さいわけで。
評価 ★★

楽天市場

珍遊記

大人がこんな寒々しいギャグ映画をつくってしまったことは評価されるのかどうかは難しい。はっきり言うと面白くないけども、面白くないことを必死でやる美学なのか。この映画のハイライトはカラテカの矢部と温水洋一ぐらいか。
評価 ★★

楽天市場

ハッピーエンドが書けるまで

リリー・コリンズがとてもかわいらしくて、かわいらしくて。心が離れた家族がよりを戻す物語ですが、恋人役のローガン・ラーマンが良い!何が良いって言葉にするのは難しいのですが、良いのです。しかし、売れた小説家だけあって良い家住んでいるわけで、お金があるということから全然そこに関しては困るようなことはないわけで。そういった所があるので窮乏状態という感じはないのは確かです。単純に夫が浮気をしたのが始まりだったことがわかったわけで、夫が原因だったのは何かあっけない。
評価 ★★★

楽天市場

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

リーマンショック後にこういったことも起きていたという実話を基にした映画なのですが、無知だと損をするというようなことをまざまざと見せつけられる。そんな無知な人たちがローンを安易に組んで家を手にしたせいもあり、騙した側も悪いのですが、現実的に考えてローンを払えないような人たちが家を手に入れることそのものがおかしいことに気づかないというのは無知だからなのか。無知につけこんだ側が悪いのか。
評価 ★★★

楽天市場

THE WAVE/ザ・ウェイブ

沢山映画を見ている人ならば物語がどうなっていくのか予測できてしまうほどの、お決まりの展開でした。フィヨルドを舞台にしているあたりがノルウェー映画なのかもしれません。しかし、父親が普通にフェリーに乗る選択をしていたら家族も苦労することなかったものの。それに、家族だけ奇跡的に全員助かったというのは多少白けてしまう部分も。
評価 ★★★

楽天市場

のんちゃんのり弁

ちょっと想像していた内容と違いました。のり弁当が主役というよりも夫婦のいざこざがメーンであって、娘とのり弁当は脇役だったような。主人公も離婚していないのに同級生と不倫関係。カメラ屋の息子もやる気のない仕事ぶり。主人公がもっとしっかりした人物だと思ったら、旦那をめちゃくちゃ殴るという狂った姿を晒していた。実は主人公がいちばん危ない駄目な人物だったのかもしれない。
評価 ★★★

楽天市場

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

ほとんどの人が思うことですが、映画にする必要はありません。TV版と同じで面白かったのですが、ハイライトは蛭子さんが転んだ所でしょうか。気になったのは、通訳なしと通訳あり。最初は通訳なしで頑張るのかと思っていたら、途中からそんなの関係なくなっていたということで、どちらかに統一するのが良かったかも。
評価 ★★★

楽天市場

追撃者

結果的に主人公は人間狩りにあい荒野を逃げるのですが、おじいさんがあんな所にいるとは誰も思わないわけですから、本当に誤射です。しかし、逃げる主人公にはまるでマラソンの給水ポイントに何かしら生き延びるためのアイテムが所々にあり、それはないだろとツッコミを入れたくなりましたが、ただ、そういった仕掛けが面白かったりもしました。警察がグルになっていたのは主人公に不利でしたが、彼女の下宿先にちゃっかり泊まっているところにダグラスが現れて、これまた運良く彼女が銃を枕元に置いていたというのは出来過ぎな気もします。
評価 ★★★

楽天市場

サンバ

フランスにいられないというのにサンバはどうも危機感がないわけで。母国への仕送りもいつの間にか忘れてしまう。アリスも燃え尽き症候群というわりには意外と元気があって。コメディーとしては人が亡くなる場面もあり。全体的に、ただヘラヘラしている人たちといった印象。それはサンバ自身が全く追い詰められ状況なのにヘラヘラしているからなのか。 <
評価 ★★★

楽天市場

リトル・ランナー

ボストン・マラソンの部分だけが感動するような上手なつくりだったのですが、主人公の少年があまりにも下品なので、この物語のそこまでやるかといった感じでした。下品なのはいいとしても、さすがにやり過ぎている感はありました。リトルランナーとはいうものの、主人公は結構大きいなと言う印象。
評価 ★★★

楽天市場

駆込み女と駆出し男

あとあと気づいたのは、レコーダーの機能で字幕が出せること。この映画は早口が多く知らない言葉も多く聞き取ることに集中していたので、物語よりもセリフばかりに集中してしまった。東慶寺のことを知れたのは良かったものの、この映画は字幕ありでみると評価は良くなるかと思う。
評価 ★★★

楽天市場

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日

良いときもあれば悪いときもあるということを提示したいということか。いやいや、悪い時のがずっと多いのが人生ではないかと。良い時なんてほんのわずか。これがヒットするあたりアメリカなんだろうな。日本人には笑えないような事ばかり。ところで、この映画のように上映時間が短いと集中力が続いて助かります。
評価 ★★★

楽天市場

トゥルー・ストーリー(2015)

犯人は記者を利用して無罪を狙っていたのか?それとも罪を小さくしたかったのか?陪審員制度というところも厄介だなこういう犯人がいると。映画そのものは実話を基にしているものの45分を過ぎたあたりで既に飽きてくるのですが、犯人役の俳優が爽やかなので全然怖さや怪しさがないのがもったいない。
評価 ★★★

楽天市場

※パッケージソフト日本未発売

めぐり逢えたら

評価 ★★★★

楽天市場

小野寺の弟・小野寺の姉

クローゼットの中での山本美月がかわいいのですが、弟もまんざらではなかった。姉は純粋に振られたというよりも、勘違いして一人舞い上がっていただけ。姉と弟では全然違っている。姉が独身だったのは単純に持てなかったからということが正しい。
評価 ★★★

楽天市場

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

かなりノリが軽い歴史物なのですが、そういった軽いノリで気楽にみたらわりといい作品なのかもしれません。ただ、ドラマの延長ですから、ドラマをみていないぶんよくわからない部分もあり、思い入れもなかったわけです。ドラマをみているとまた違った評価になっていたかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

食べて、祈って、恋をして

知らんがな!というツッコミをいれたくなりますが、主人公はなんだかんだやって変わった気でいるだけであって、実際は何も変わっていないというように見受けられました。そんなにすぐに変わるならば旅をするなんて事になっていないわけで。そして、結局旅先で男性を知り合ってという結果をみると、やはり何も変わっていないわけで。
評価 ★★

楽天市場

ザ・ブリザード

救命に行くには小さいボートだし、あまりにも高い波をいくつも越えなければいけない。実話を基にしていることが信じられない。実際に脚色がどれほどあるのかはわかりませんが、ただただ驚くばかり。しかし、ディズニーの作品なのでどうも優しい作り。全然緊迫感が伝わって来なかった。
評価 ★★★

楽天市場

オートマタ

いずれこの映画のようにロボットが人間と争いを起こすこともありえるかもしれません。主人公はロボットに対して見下しているのかと思っていたら、実はそうではなかった。ただ、接し方と口が悪いだけであって。あの最後の海が見えたというのはどういうことなのだろうか。死んだということなのか。汚染地域に長くいたことで。
評価 ★★★

楽天市場

クライム・ヒート

いい人そうな主人公。でも実は一番登場人物の中で恐ろしい人物だった。ただ、女性と犬に対しては優しい面をみせていたものの、悪者には容赦ない。最後の場面。女性は主人公を受け入れるかのような終わり方。それでいいのかと女性に対してツッコミたくなった。
評価 ★★★

楽天市場

100回泣くこと

一気に時間が進むので、あれよあれよと女性はなくなってしまった。物語そのものは全然ひねりもないので、あっさりとしていたような所はある。ところで、桐谷美玲にしてもともさかりえにしても腕の細さが心配になって映画に集中できなかった。
評価 ★★

楽天市場

ビキニ・カー・ウォッシュ

何度もビキニ洗車の場面が登場しますが、3回目には既に飽きてしまったいる。そして、女性陣が微妙な容姿でなんだかなと。主人公に関連することが感傷的で何か盛り上がりに欠ける。父親が気難しいな人でビキニ洗車に水を差してくる。
評価 ★★★

楽天市場

ナイトピープル

主人公は北村一輝なのか佐藤江梨子なのか。二転三転とさすがにくどい感じもした。そして、刑事があまりにもしぶとい。交通課なのに自分の仕事はどうした?エレベーターで刑事に撃たれたのは結果的に札束によって回避できたのだけども、二転三転が好きな脚本なので、主人公が死んでしまうのはないだろうと思っていたらその通りだった。
評価 ★★★

楽天市場

グッドナイト・マミー

痛々しい場面が散見されるのですが、序盤で双子の一人がいないというヒントが出てしまっています。しかし、母親はなぜに包帯を巻いていたのか。整形だとしたらなぜこのタイミングで?視聴者にあれこれと考えを巡らせるようなかたちですが、痛々しい場面は目を背けたくなるのは確かです。
評価 ★★★

楽天市場

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密

3作目となるとさすがに飽きて来てしまうものです。既に2作目で新鮮さがなかったのですが、まさか3作目が製作されるとは。ベン・スティラーはどうも難しそうな表情をしているので、コメディには合っていないのではないかと常に思います。アメリカでは違う評価なのかもしれませんが。
評価 ★★★

楽天市場

白い嵐

こんな良作があったことを当時から今まで全く知りませんでした。中盤まではなんだかんだありながら穏やかな航海だったものが、嵐に遭ってから一変。数人のクルーが犠牲になりましたが、全滅しなかっただけでも立派なこと。船長どうこうではなかったのでしょうけども、誰かが責任を取らないと事態は収まらない。
評価 ★★★★

楽天市場

マレフィセント

アンジェリーナ・ジョリーよりも小さい頃の妖精役の子がかわいい。しかし、この物語は何か滑稽というか間抜け。自身で呪いをかけて、その呪いを解くのがマレフィセントの真実の愛。一体何がしたいのかって突っ込みたくなるところ。オーロラ姫も父親が死んでいるのに、るんるんらんらんしているというおかしさ。
評価 ★★★

楽天市場

パトリオット

当時の戦い方を描いているのでしょうけども、今見ると明らかに滑稽にみるる。正面同士で戦い合うのは死傷者は簡単に出してしまうやり方。誰も気づかなかったのだろうかと。メル・ギブソンはこういった大作映画の主演としてやはり似合うしかっこいい。
評価 ★★★

楽天市場

ストロボ・エッジ

ぐだぐだ。福士蒼汰のぎこちない演技は演技をしているのか素なのか。気まずそうな演技はなんなのか。杉本真央役の黒島結菜のが有村架純よりもずっと透き通った容姿で目立っていました。しかし、蓮が麻由香と別れるのも意外とあっさりしていたし、すぐに仁菜子と付き合うのも何かな~。拓海も何か強引で紳士的ではなくてどうなのかと。
評価 ★★

楽天市場

就職戦線異状なし

今見ると明らかにおかしい事が散りばめられているのですが、主人公はそういった中でも最終的に自分に馴染みのあるスポーツ用品店に就職したのは良い風刺。和久井映見がかなりかわいくて、主人公はそちらと恋仲にならなかったのが不思議。全体的に前向きで明るいので、映画としては良く出来ていると思います。今、地上波で放送すると当時とのギャップで面白いのではないかと。
評価 ★★★★

楽天市場

※DVD・Blu-rayの発売はしていない

スガラムルディの魔女

銀行強盗がまさかの展開。魔女が怖いという印象よりも、エバ役のカロリーナ・バングのセクシーさそればかりが強調。この映画の監督と結婚していたことを知って驚き。魔女のお店にあるボットン便所。あれは洋式で水洗じゃないところが良かった。ボットン便所だから成り立つ物語。
評価 ★★★★

楽天市場

デザート・ストーム

最終的に主人公の女性と兄貴が助かったということで良いのかどうか。兄貴は助かったかどうかの場面がなかったのでわからず。砂漠で立ち往生なんてわかりやすい展開。そもそも未舗装なのにキャンピングカーで走行しようとしたことが無謀で、夜だからというのも通用しない。地図も持っていたはずが、なぜ迷う。
評価 ★★

楽天市場

沈黙の制裁

特別何かいうことはなし。沈黙・・・。
評価 ★★★

楽天市場

罪の余白

娘の死に方をみるとイジメのせいとは言えないから難しい。いじめとしては生ぬるい。そして、主人公は車の上に落ちたのに生きていたという屈強な身体と運の持ち主だった。吉本実憂という女性が目立っていたけども、目に力を持っていたためか。
評価 ★★★

楽天市場

フィフス・エステート/世界から狙われた男

この映画そのものが事実と異なっているようでは説得力がまるでなし。映画もなにかジュリアン・アサンジが一人で暴走しているだけで、ウィキリークスどうこうよりも、アサンジの暴走を見ているだけといった感じだった。
評価 ★★★

楽天市場

パリ3区の遺産相続人

はじめ主人公は性格の悪いクチの悪いやつかと思っていたら、まさかな悲しい過去があって同情しないまでも、そうなってしまうのは仕方ないなと思わせられた。この物語でのポイントはおばあさんが自身の恋のために人の人生を壊してしまったにもかかわらず、素知らぬ顔。最後はハッピーエンドみたいに終わったけども、果たしてそれで良かったのかと。なにかすっきりしない。
評価 ★★★

楽天市場

リミットレス

リミットがないだけでそこまで脳を使えるのかというとどうなのだろうか。だいたいやることはお金儲けになってしまうのだろうけど。薬がなくなる懸念で右往左往していたけど、頭の回転が良くなるならば薬の開発もできてしまいそうなもの。主人公は最後に上手くやったけども、あれは薬の開発に成功したのかどうか気になる所。
評価 ★★★★

楽天市場

  1. トップ
  2. 最近みた映画
  3. 最近みた映画-2017年

関連コンテンツ