1. トップ
  2. 映画視聴履歴
  3. 映画視聴履歴-2017年

映画視聴履歴-2017年

イーグル・ジャンプ

主人公の猪突猛進ぶり。傍から見るには明らかにおかしいから父親の反応が素直で正しい。母親の協力がなければどうなっていたことか。スキージャンプは素人にとってただ単に上手い下手というよりも、命の危険にさらされる。映画の中でも失敗ジャンプをしていたけども、一つ間違えばえらいことに。オリンピックは参加することに意義がある。これは今では誰も忘れてしまったこと。メダルが取れないといけないような風潮が当たり前になってしまった。
評価 ★★★

楽天市場

HERO(2015)

ところどころ笑える場面もありました。ただ、ネウストリアに対して親しみが全然なかったの興味が湧かなかった。正直、事件もどうでもいいと思えてしまった。多くの視聴者は久利生と雨宮がどうなるかと期待していたでしょうけど、進展が特になかったので肩透かしを食らった状態。この映画のハイライトは松重さんが食べる場面がまるで孤独のグルメ。
評価 ★★★

楽天市場

BEST GUY ベストガイ

どうしてもトップガンが頭に浮かんでしまいます。ただ、よく頑張っているなと思いました。お金がないのメンバーが出演しているので、お金がない好きには良いかも。財前直見が初々しくてかわいいので、財前直見ファンにもいいかも。飛行シーンに予算があればもっと良くなっていただろうとは思います。
評価 ★★★

楽天市場

ハイジャック・ゲーム

仲間割れから始まる物語。ダイヤを持った物をハイジャックする前に捕らえてしまえば良かったはずが、なぜにハイジャック?動いている飛行機から脱出する乗客たち。明らかに人数とスピードを考えたら無理だろう。面白いのは、保安官が急にカネ目当てで裏切るのと、脱出した二人は吹雪くような雪山の中でどうやって助かるつもりなのか?
評価

楽天市場

ギャラクシー街道

これはいったい?最初の数分でこれはまずいぞと感じ取った。その予感は的中。映画全体で何がしたいのか全くわからず、宇宙を扱っているのに舞台となるセットはかなり古さを感じ、なぜか下品なネタばかりが続く。俳優だけ豪華。出演者はさぞ後悔していることだろう。よくこんな映画に出資する人がいたものだ。
評価

楽天市場

ブラックス・キャンダル

実話を基にしている物語とはいえ、ジョニー・デップがバルジャー役をしても迫力不足。ジョニー・デップはヘラヘラしている役か精神を病んでしまう役が適役で、こういったボスとしてのキャラクターとしては迫力がどうも足りない。何か狂気じみていくのかと思ったら全然そうではなく、冷静さがあった。だから結果的に捕まったものの逃亡できたのだと思う。しかし、ジョエル・エドガートンの顔は何かイライラさせられる、なぜだろうか。
評価 ★★★

楽天市場

海よりもまだ深く

物語全体で何かが起きるわけではなく、本当にそこいらにある日常を切り取っているだけ。ただそれだけなのに面白いという不思議。セリフが自然で驚く。特に樹木希林さんの演技がアドリブなのか演技なのか全くわからない自然さ。特別何かが起きるわけではない物語でも、ワクワクさせる部分はあります。宝くじや台風、台風の夜の公園。最終的に関係は修復できなかったのは主人公の甲斐性のなさから来るものなのですけど、一応仕事はしているので甲斐性のなさというよりも、ギャンブルをやめればいいだけ。それができなかったから離婚になったのでしょうけども。この映画のハイライトはカルピスを凍らせたアイス。固くてスプーンでごりごりしないと食べられない。一度でもやってことがあれば親しみを感じ懐かしい気持ちになります。
評価 ★★★★

楽天市場

あやしい彼女

Yahoo!映画でやたら評価の高いあやしい映画である同作。多部未華子の歌声や歌に特別引かれるようなことがなかったので、スカウトが盲目ということに。孫が事故に遭ってるのに駆けつけるという驚きの行動。明らかに足をやられる轢かれ方だったはず。しかし、なぜタクシーを使用しなかったのか。この映画は作りが雑でもっと丁寧に描かないといけなかった。描いて欲しい所がやたら省略されていた。主人公が苦労してきたといってもそれがあまり出ていなかったのもなんだかな。
評価 ★★★

楽天市場

SCOOP!

出だしが強烈。福山雅治がこんな事もやるのかと驚いた。この映画ではリリー・フランキーのチャラ源が危ない雰囲気でこれはやばい奴だと。あの政治家のスキャンダル撮影で花火をぶちかます場面。市販の花火だとあんなに長く花火を上げ続けるのは難しい。そこはフィクション。しかし、滝藤賢一はどの映画にも出ているなという印象を持つ。
評価 ★★★

楽天市場

アポカリプス・ナウ

予算がないのにこんな映画作っちゃ駄目でしょ。間抜けな行動でどれくらいの人が助からなかったか。そして、なぜか大きな船なのに技術者が圧倒的な少なさ。海の映像では白波が多く、まさかあの砂浜で撮影していると思われ。世界が水で満たされているなのに砂浜から撮影した白波がたつ映像。2012という映画が既にあるのにこの映画を低予算でつくるのはなにがしたかったのか。
評価

楽天市場

婚前特急

やまとなでしこというドラマの映画版といったところか。ただ、こちらの主人公が最後に選んだのは一番駄目じゃないかと思う男だったが。吉高由里子はこういった役が本当に適役。声の高さもまたそうさせている。
評価 ★★★

楽天市場

さよなら歌舞伎町

歌舞伎町のホテルを舞台として物語。これほど偶然が重なることはありませんが、それは映画。主人公が一番真面目だから最後に逃げたしてしまったのかもしれません。妹にしても従業員にしてもまともじゃない。客もまともじゃない。まともなのが主人公しかいなかった。韓国人の女優が頑張っていて、体を張っていた。ただ、この映画裸をそんなに見せつける演出必要なのかと。生生しくする必要あるのかと。
評価 ★★★

楽天市場

裁かれるは善人のみ

このタイトルからは善人が出てくるものと思ってみると、どうやらそうではない。主人公は口は悪い、性格は乱暴、息子にも妻にもあまり好かれていない。結果的に主人公が起因したトラブルばかりだった。かたくなに拒んでいた家も最終的には失い、妻も失い、息子とは会えなくなる。しかし、舞台が荒れた寂れた草木もあまりない土地。寒々しいのがまた余計にこの物語を力添えしている。気になったのは、妻が飛んだのか飛ばされたのか。そこが気になるところ。そして、現在のロシアではいまだにこんな利権まみれの地域があるのかと気になった。
評価 ★★★

楽天市場

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾

セガールが相変わらず強くて全然やられることがないという安心感。ただ、警察署にある車のお金のために関係ない署員を痛めつけたので、今回はどうなのかと正直思ってしまった。なぜか登場人物に英語を話せる人が集まっているというのも何か滑稽で。
評価 ★★

楽天市場

春との旅

身につまされる物語なのは確かで、それは忠男によって起きているというところがコメディ。春のがに股。さすがに田舎娘としての演出とは思うが、さすがにいまどきいないだろうと。蕎麦屋での場面はこちらまで蕎麦を食べたくなるような音。また、何か北の国からで黒板家がラーメンをすする場面を思い出させる。父親役の香川照之との場面。何かものすごく怖さを感じた。娘と会ってどうしたらいいかわからないというよりも、何か邪魔者が来たといった雰囲気。
評価 ★★★

楽天市場

リクルート

アル・パチーノが渋くて渋くてかっこいい。コリン・ファレルもまだ若くて幼い感じ。この映画をみると何を信じればいいのか疑心暗鬼になってしまう。視聴者側も誰が真の犯人か考えを巡らせるのだが、なかなかハッキリとした犯人を断定できない。すべてがまさかテストかとも思えてくるあたりがうまく出来ている。
評価 ★★★★

楽天市場

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

娘と思われた子が実は・・・。視聴者からすると親子であって欲しいようなどうでもいいような。女の子最初はやんちゃだったのに、後半にはすっかりしおらしくなっていた。続編といっても前作とは繋がりがそんなにあるようには思えませんでした。ただ、前作よりは面白かったと感じました。
評価 ★★★

楽天市場

白鯨 MOBY DICK

テレビ映画とはいえ前後編に分ける必要はなかった気がする。途中でかなり垂れていた。イーサン・ホークがやたら目立っていたものの、船長の前では頭が上がらない。この映画、狂った船長がまわりを巻き込む悲劇であって、白鯨でなくても最終的に終りに向かっていた可能性がある。しかし、港に寄らずに一年以上もどうやって水や食料を賄っていたのか描かれず。謎の病気で棺桶に入り死にかけから復活した人物はいったい何の病気だったのか。
評価 ★★★

楽天市場

クリーピー 偽りの隣人

しかし、なんでこんなに雑なつくりにしたのだろうか。主人公も奥さんも自ら危険を犯している。単純に西野と関わることなく、西野という人物を調べていたら良かったはず。そして、澪は洗脳されているわけでないのに従順。いつでも逃げ出せるし、西野を倒せるし通報もできる。野上もいったい何がしたかったのか。正直、もっと簡単に西野を捕まえることはできたはず。間抜けなこと、ツッコミどころがとても多い。しかし、あの注射した薬は何だったのか説明ないのもモヤモヤする点。
評価 ★★★

楽天市場

ふたつの名前を持つ少年

数年間だとしても生き延びるには賢さが必要だった。その賢さを少年は持っていた。手を失う場面は痛々しくて見ていられない。それでも生き延びたのだから、どれだけ少年が強い人間だったか。映画はただ重苦しいだけでなく明るい場面もあるから見やすい。少年はただ孤独に生き抜いたわけではなく、出会いがあり救いもあった。そこが生き延びられた分岐でもあったと思う。
評価 ★★★★

楽天市場

ロング・トレイル!

アパラチアン・トレイルというものがあり、それが約3500km。さすがアメリカ。規模が違う。数百キロならばゴールが見通せる距離だが、それが約3500kmだと果てしない距離。若者でもへばってしまう距離だ。結果的に映画では途中でリタイアするものの、本人たちが満足したから踏破しなくても全然良いと思う。しかし、グリズリーがテントによって逃げてくれるとは思えないのだが。単純に食料の匂いに寄って来ただけで、それを手に入れたから逃げた気がする。グリズリーのいるような道というのはさすがに怖い。
評価 ★★★

楽天市場

ヤング・アダルト・ニューヨーク

主人公の嫉妬からすべては始まっている。作品を完成させられない自分自身に苛立っている。そういったものが若いカップルに対しての妬みに。ベン・スティラーはこういった難しい顔をするような映画には適役。これがジム・キャリーだと全然違う映画になるところ。
評価 ★★★

楽天市場

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

最初は面白くなりそうな雰囲気がぷんぷんしていたものの、終盤は雑になってしまった。子どもたちがさらわれた家。多くの子供がいたけど、限定された日でしか救えないという理由がちょっと良くわからない。あの橋はいったい誰が架けたのか。なぜ崩れたのか。もっと丁寧に作れば怖くてハラハラできる作品になっていた可能性あり。
評価 ★★★

楽天市場

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち

アイヒマンが表情を簡単に変化させるくらいならば逃亡してまで生き残る図太さはなかったのかもしれない。この映画でイライラするのはアイヒマンが冷徹ではない人間なら誰しもそうなりうることを示すために監督が必死にアイヒマンの顔を狙ったショットばかりに固執していたこと。ドキュメンタリー監督だから自分の色を出したかったのか、そうならないと面白くないと考えたのか。
評価 ★★★

楽天市場

秘密 THE TOP SECRET

生田斗真が青木で岡田将生が薪のが容姿から考えると合っていたような気がする。正直、貝沼が薪に固執するには理由がたいしたことがないので、見てる側としてはどうでもいいこと小さなことに思えてしまう。絹子も容姿が全然怖くない幼い顔なので、迫力が出ない。 一番気になったのは青木家に何があったのかを知りたかったのに、全く触れなかったジレンマ。
評価 ★★★

楽天市場

何者

お互いが表面では仲良さそうにしていたものの、実は腹の探り合い。いちいちSNSで発信することに驚いていたら、まさか主人公が一番発信していたとは。何者かというのは主人公が自分自身に問いかけていたと。人に対して何者かではなく自分自身は?何者かと。見ている側も自分自身は何者か考えさせられる身につまされるような場面が多く、就職活動関係なく人生への向き合い方として勉強になる。
評価 ★★★

楽天市場

スポットライト 世紀のスクープ

確かに大スクープなのは間違いありません。ただ、日本ではカトリック教が少数なので身近な話題として感じられないので、話題そのもの映画そのものに実感が湧きません。ひとついえることは、権力を持ったものがやることは似たり寄ったりということ。神父だからどうとか関係なく、おかしなのは沢山いるということ。神父におかしなのがいる比率はどれくらいなのかわかりませんが、欲の前には神も関係なくなるということ。
評価 ★★★

楽天市場

ブラックハット

ハッカー対ハッカーの机上のコンピュータ上の戦いを見せてくれるのかと思ったら、ハッカー関係ないアクション映画になっていた。最初に原発を絡めていたのに最後は主人公が金を得て逃亡。タイトル詐欺とも言える。犯罪者が犯罪者と戦って最後は逃げ切る物語と考えれば、視聴者はぽかーんと口を開けてしまうだけ。
評価 ★★

楽天市場

消えた声が、その名を呼ぶ

序盤の展開はとても緊張があり良かったものの、中盤、終盤はダラダラして垂れてしまった。主人公は娘を探すためなら犯罪をしても構わないという考えはどうなのかと。この映画にイマイチピンとこないは歴史的背景を全く知らないからというのがあるのあかもしれない。アルメニア人大虐殺があったことなんて今まで全く知らなかった。
評価 ★★★

楽天市場

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

前作よりはずっと楽しめた。あれ?この物語どこかで見たことがあるなと思ったらスパイダーマンだったか。 一番楽しめた場面は飛行機から飛び移るところ。さすがにタートルズでも無理じゃないかと思わせて全く問題なかった。ただ、案外水上では弱かった。滝壺に落ちた場面が入れておけばまた面白かったと思う。真面目にしている姿とヘラヘラしている姿を上手くバランス良く出せば更に面白くなる。
評価 ★★★

楽天市場

世界から猫が消えたなら

主人公に知らんがなって突っ込みたくなる。時系列が途中でわからなくなる事がしばしば。回想シーンがほとんどなので、実はもう主人公は死んでいるのかもと思ったり。タイトルに猫を使っているのに意外と猫の存在感がなく、恋人も映画を通じた有人もそこまで深いつながりに思えず。毎日渡される映画もイヤイヤ見ていたような気がしないでもない。しかし、何か消える対価が一日というのはさすがに少ない。
評価 ★★★

楽天市場

ヒトラー ~最期の12日間~

ヒトラーを演じる俳優がヒトラーそのものに見えた。どれだけ崇高な理想を掲げようとも最後はあっけないもので、ヒトラーもまたそうだった。ヒトラーがユダヤ人を嫌っていたというよりは利用したという面があるとわかった。また、ヒトラーが女性が好きなこともわかった。しかし、子どもたちを眠らせて薬を飲ませる。この場面は何とも言えない。生かせばまた苦しむことになるけども、未来を奪うのも違う気がする。ヒトラーという人物に興味を持つきっかけには良い映画でした。
評価 ★★★★

楽天市場

の・ようなもの のようなもの

一作目よりはずっとテンポが良かった。映像も綺麗なのでそれも加味された。この映画は一作目もたいして面白くなかったのでまさか二作目が作られるとは。監督違いとはいえ、物語が面白くないのが前提にあるので、やはり面白くはありません。北川景子はこの映画のような役が似合っています。シントトは相変わらずで演技もたいして向上していなかった。映画は同窓会のような内容なので、ニ作目を初めて見た人にはちんぷんかんぷんかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

ホワイトアウト

ピッケルを持った人間に追い回される恐怖はナイフよりも大きい。しかし、ドクターの動機がイマイチ弱かった。単独でやればバレなかったものの、欲を持った人間が集えば誰かが抜け駆けする映画あるある。南極を舞台にしているため犯人は限られてしまうのと、展開に限りが出ていまう。
評価 ★★★

楽天市場

ミス・シェパードをお手本に

画面から匂いが伝わってきました。この物語、おばあさんが清潔にさえ気を使っていれば全然大したことのない物語として完結していた。ふん尿を垂れ流すようなことさえなければ・・・。アラン・ベネットという人物がなぜに結婚していないのかと匂わす場面がいくらか出てくる。最後にやはりかといった場面も。これがもし家族持ちならばおばあさんに対して優しくしていたかといえばどうだろうか。
評価 ★★★

楽天市場

“アイデンティティー”

多重人格者の妄想で行われるあれやこれや。見るものはモーテルに集う人たちから必死に犯人探し。そして、最後のオチを見て今までの展開はなんだったのかと拍子抜け。しかし、犯人が怖そうではなく全然迫力がなかったことが良くなかった。もっと強烈な容姿ではないと。
評価 ★★★

楽天市場

ギリーは幸せになる

引き取り手のおばあさんが性格の悪いいじわるな人かと思ったらそうではなく、貧しいかと思ったらそれと反対でお金持ちの家。このあたりがギリーに対して感情移入させない要因となった。ギリーもいきなり改心したのは元々そこまで性格が悪くなかったせいか。母親が幼稚な性格で娘のことを心配して帰って来たわけではなかったのは残念だが、おばあさんが奔放に育てた結果なのだろう。
評価 ★★★

楽天市場

ワールド・オブZ

ゾンビ映画を撮影するには予算が必要ってことがわかる映画。ゾンビの量が少ないことがそれを表している。そもそも、ゾンビの量が少ないので明らかに手持ちの武器で対処できていたはず。隠れ家がやけに多く、自分語りがゾンビの出演時間よりも多い疑惑。
評価 ★★

楽天市場

の・ようなもの

ただただ長く感じた。特に物語に一貫性があるわけでもなく、主人公は落語の上達を目指して頑張っているよりは、フラフラしているだけ。当時と今見るのではどれくらいの違いがあるのかわかりませんが、つまらないものはつまらない。
評価 ★★

楽天市場

ソーシャル・ネットワーク

映画公開当時と比べて更に成長しているフェイスブック。映画の中でエドゥアルド・サベリンという人物がいたこと、ひどい目にあったことを知った。ただ、映画の演出がどれくらい行われているのかわからないので何ともいえない。ショーン・パーカーの性格の悪さがかなり目立っていたのは確か。ただ、それも真実がどうだったのかない。マーク・ザッカーバーグは彼女に振られたことがフェイスブックをつくる動機になった。その後の行動力が普通の人ではなかったのは確かだが。しかし、ウィンクルボス兄弟は裁判でえらい額のお金を手にして結果的に良かったのではないかと思う。ザッカーバーグには小銭だろうけども。
評価 ★★★★

楽天市場

ストレイヤーズ・クロニクル

出演者には知名度のある俳優を使っているものの、内容がうすっぺらいので実験台になった子どもたちに全然興味が湧かなかった。破綻するというのに最後はこれからどう生きていくかといった終り方。どういうことだ。しかし、瞬間移動は人類が進化しても無理じゃないかと。この映画は子供がみたらある程度楽しめるかもしれないが、大人向けではないのは確か。黒島結菜がかわいい所ぐらいしか見所はなしか。
評価 ★★

楽天市場

なくもんか

阿部サダヲ独擅場。宮藤官九郎と阿部サダヲだとこんな映画になってしまうのか、阿部サダヲが主役だからなのか。勢いを最後まで維持するのは難しく、下町を舞台にしていたものの沖縄でちょっと違うなと言う印象に。芸人として面白くないのに売れるという設定も無理があり、ルックスだけで売れるなんてことは稀。子どもたちがソースを捨てるのはちょっとこじ付け。しかも、業務用のソースのが美味しいというのもこじ付け。
評価 ★★★

楽天市場

テラフォーマーズ

これは・・・。なんでこんなに場面がころころと飛ぶような作りになっているのか。ゴキブリの波はいったい何だったのか。なぜに波になった。宇宙船の硬化ガラスが全然硬化ではなかったという謎。そんなのでよく火星まで来られたな。火星までの宇宙船をつくるならば人間が昆虫化しなくてもゴキブリを退治するような武器ぐらいつくれるだろう。小栗旬の科学者も何かぎこちなさが。むしろ、滝藤賢一が科学者のが良かった気が。しかし、今時こんな酷い映画を作れるとは驚き。ゴキブリの観察していたほうがずっと面白い。
評価 ★★

楽天市場

ふしぎな岬の物語

なんじゃこりゃー。悦子さんみんなからヨイショされていい気分になっているだけ。そんな皆を裏切るように最後に本性を現してしまった。キッチンで火を消すことなく呆然としているし、まるで自身が被害者かのような振る舞い。その後喫茶店は再見されるし何もなかったかのように。浩司とみどりがいつの間にか出来ているし。各人の取って付けたようなエピソードもが不自然な映画だった。この映画、ふしぎな岬の物語ではなくおかしな悦子の物語。
評価 ★★

楽天市場

ニュースの真相

日本人としてはブッシュの軍歴詐称に対して興味が持てないので、この映画にも親しみが湧かなかった。面白いのは、ジャーナリストがはめ込まれた点。ジャーナリストたちは軍歴詐称を訴えていたが、明らかにブッシュを当選させたくないような意向を持っていたと思う。そして、軍歴詐称よりも偽造文書にスポットライトが当たってしまったあたり、人々の興味はブッシュの軍歴詐称なんてどうでも良かったということか。ジャーナリストたちはブッシュをはめたつもりがはめ込まれたと考えると面白さがある。
評価 ★★★

楽天市場

葛城事件

一見父親に問題があるような印象をはじめに受けるものの、実は母親が元凶の可能性が高い。母親は外に働きも出ず食事も作らない。父親のがわかりやすい性格の分対処するのは難しくない。妻が夫を全く愛していなかったことからこの家族の転落は始まったと考えられる。長男の嫁は子供ができたせいか夫の変化に無関心。次男の死刑に反対する女性もまたおかしい。父親が最後に問いかけた言葉に対して激昂していたあたり、死刑廃止に対して強い意志があったわけではないようだった。
評価 ★★★

楽天市場

ヒトラー暗殺、13分の誤算

歴史を変えていたかもしれないこんな人物がいたとは。主人公が戦ったのは自身の自由のためなのか人々のことも含めてなのかはわかりません。女性好きだったのは事実のようです。13分間の誤算といっても、演説を切り上げることを計算していなかったとは思えず。想定外のことが起きない計算だったのか。本気で暗殺する気があったのか。そのあたりの真実は本人しかわからない。先見の明があったのは確かで、ヒトラーがいなければ歴史はいい方向へ動いていた可能性もあります。ただ、それは結果論。ヒトラーがいなくなれば別のヒトラーが登場していたかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

杉原千畝 スギハラチウネ

ユダヤ人を救った功績は大きい。当時の情勢の中でその英断は勇気がいること。自身の身も危なかっただろう。この映画の功績は杉原千畝の名を広めたこと。ただ、映画の演出はちょっと感動させてやろうといったものが見られたので、もっと淡々と伝える形のが良かったと思う。上映時間ももっと短くできたと思う。
評価 ★★★

楽天市場

チャッピー

吹替えで視聴。チャッピーが全然可愛くなく親しみも湧かない性格だった。この映画で一番迷惑なやつが実はチャッピーだったという所がお笑い。ギャングと仲良くなってしまうあたり、チャッピーも悪いやつだ。ヒュー・ジャックマンの髪型が気になってしまった。ムースの弱さもひどいものだった。
評価 ★★★

楽天市場

残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-

ホラー映画かと思ったらミステリーの要素も大きかった。住んではいけない部屋がある、それは過去においてどうこうあったから。正直、そんなこと言ったら日本中相当な場所でそういった条件に合致する場所があると思う。炭鉱で人が死んだからなんなのかと。主人公の新居がやたら暗いのは何か理由があるかとなるが、怖くみせる演出のせいなので違和感が出てしまう。
評価 ★★★

楽天市場

ゾンビランド

見終わった後黒髪のかわいい女優はエマ・ストーンだとわかった。黒髪だから全然エマ・ストーンだとはわからなかった。ゾンビランドとは何かと思っていたら、ゾンビがいるランドだった。ゾンビ映画ではただゾンビに追われるのではなく、感傷的になってしまう作品。ビル・マーレイが本人役で登場しており、まさかのゾンビの真似のせいで誤射により死んでしまう。ただ、全然悲劇的ではなくあっさりとしたものだった。B級作品かと思ってみたらしっかりとした作りで驚いた。主役はどこかで見たことあるなと思っていたらソーシャルネットワークの俳優だった。
評価 ★★★★

楽天市場

MONSTERZ モンスターズ

モンスターズといっても正直どうでもいいような能力で、お互いにやり合う中で最後は友情が芽生えというのもなんだかよくわからず。予算がないからなのか人が静止する場面では我慢比べのようでお笑いだった。警察も逮捕するために装備は立派にしているものの、やられる時は一瞬。間抜けさが目立った。
評価 ★★

楽天市場

リターン・トゥ・アース 宇宙に囚われた1027日

ただただ長く感じるだけで、特に何かしら起きることもなく終わってしまった。長い間共にしてきた仲間を前に最後はもう各々が自分の利益を優先する始末。放射能汚染で瀕死状態のロシア人がなぜか元気という不思議。映画の予算がないのか宇宙ステーション内では無重力の部屋が一切なし。最大のおかしさは肝心の地球に帰還後をみせずに終わる演出。核戦争が勃発している地球の姿を見せずに終わるとは。何がしたいのかこの映画は。
評価 ★★

楽天市場

7500

種明かしでなるほどってなりましたが、特に怖いと思うような不気味と思うような場面が一切ありませんでした。飛行機の中での出来事で既に死んでいたというのはなるほどとは思いましたが、だからなんなのかといった感じで淡々と過ぎて行きました。出演者に片瀬那奈そっくりな人が出ていたのが一番気になりました。
評価 ★★★

楽天市場

サウルの息子

ゾンダーコマンドという用語を知っただけでもこの映画をみて良かったと思う。映画自体には救いのない見ているのがしんどくなるもので、現実ではないような世界において息子でない少年の葬式をすることで自身を保とうとするサウル。撮影の手法もFPSみたいで、肝心な所がぼかされている。主人公の見ている現実そのものを表現しているのだろう。そうでもしないと精神がおかしくなるわけだ。実際にひどいことが行われた事実がこうして映画を通して伝わっていくのは過去の過ちから学ぶための教材として大事ですが、当時の人は何を考えていたのかいまいちよくわからない。みんながおかしくなっていたのか。
評価 ★★★

楽天市場

ニューヨーク1997

いまいち盛り上がりに欠けたのは緊張感があまりなかったからか。カート・ラッセルも強いのか弱いのかいまいちわからないし。島を支配しているやつも弱いし規模も小さいし。大統領も全然威厳がなく普通のおじさんだから、絶対助けなければいけないという切迫感もなかった。
評価 ★★★

楽天市場

起終点駅 ターミナル

この映画のハイライトはイクラの醤油漬けを食べる場面。美味そうだった。ネットではやたら評価の高いレビューもあるけども、尾野真千子演じる結城冴子が列車に身を投げることがなかったら、特にこれといった抑揚のない物語だった。わざわざ悲劇的な場面を作ることでメリハリをつけたのだろうけど、別れたらいいだけなのになぜに自殺するのかよくわからなかった。
評価 ★★★

楽天市場

避暑地で魔が差して

これは最低なふたり。納得できない終り方で後味が悪い。前半の陽気さとは反転して後半はグダグダとしていただけ。若い娘の気紛れだったのか本気だったのか。父親に振り向いて欲しかったのか。女性の感は鋭いもので、女性同士だとすぐにバレていたけども。アントワーヌはイノシシ対策のため電気柵を買い更にそれが通用しないことにイライラするあたり、もともと性格に難があることが伺えた。
評価 ★★★

楽天市場

※パッケージソフト未発売

ダーティー・コップ

ニコラス・ケイジが間抜けなのか計算なのかおかしいのかわかりづらい警察を演じていた。撃たれた際にキッチンの床で寝転がっている姿。またまた相棒に対してドッキリなのかと思っていたら本当に死んでいた。イライジャ・ウッドも女性を助けるつもりがまさかの最後。携帯のGPSで場所がわかってしまったのか。女性はそもそも何者だったのか。
評価 ★★★

楽天市場

サバイバー

ピアース・ブロスナン演じる時計屋。ミラ・ジョボビッチ演じるケイト。なぜか時計屋が銃を頻繁に撃つもののケイトにはてんで当たらない。ケイトは爆発を受けてもかすり傷程度。最終的にビルの屋上で時計屋が落っこちてしまう。この映画のハイライトはTOSHIBA。日本人ならばそこが一番印象的なところだったと思う。
評価 ★★★

楽天市場

君の名は。

この作品は興行収入に大変なことになっていたのでどれほどの出来なのか気になっていましたが、興行収入と作品の良し悪しに相関性がないことがわかりました。物語はありきたりなので絵が綺麗なことをのぞいてしまうと普通の作品です。新海誠監督の総括的な作品となっているのですが、劇中で何度もRADWIMPSの音楽が流れてこれはミュージックビデオかと。さすがに流しすぎという印象。ただのBGMならば良かったのですが。秒速5センチメートル、言の葉の庭もミュージックビデオみたいな感じなので、監督のやり方なのかもしれませんが。
評価 ★★★★

楽天市場

アイスブレイカー 超巨大氷山崩落

映像は頑張っていた。しかし、物語としては盛り上がらなかった。新しくやって来た船長がなぜか船員にたいして高圧的態度。搭乗してきたヘリがなぜか故障。その故障したヘリがなぜか直っていたことで氷山の偵察に行けた。最後は氷も一切ない海上の海上でBBQ。無理やり危機感を出したけども、正直防げていたことばかりだった。
評価 ★★

楽天市場

女子ーズ

これは酷いと思うほどの出来だった。全く笑えなかった。製作はこれを面白いと思って送り出したとしたら相当まずい。クレヨンしんちゃんでも見て勉強したら良い。人気のある女優を沢山使っているけども、無駄遣いも甚だしい。歩道橋の通行人数を記録するバイトの場面はやたら長回しだったけど、本当にただの長回しで意図など感じられなかった。
評価 ★★

楽天市場

ハッピーエンドの選び方

正直、楽しく見られる映画ではないのは確かで、ところどころコメディタッチで描いているものの、最後は悲惨なもの。身につまされる映画。最終的に認知症の奥さんを装置によって安楽死させたのかは描かれずに終わりましたが、最初はイヤイヤ言っていた夫も奥さんの意志を尊重したらそうせざるを得ないということでした。自ら死に時を選ぶのが幸福なのか不幸なのか。
評価 ★★★

楽天市場

シークレット・アイズ

娘が犠牲になった。捜査で誰が犯人かわかっていた。月日は経って再び犯人を捕まえた。情報屋は整形していたわけではなく、実は犯人は母親が捕まえて自宅の離れで監禁していた。情報屋だから捕まえられないのに監禁でいなくなっても誰も探さないという矛盾。重要人物なのだが。ちなみに、犯人と断定できたのはニコール・キッドマンのはだけた服から見える胸を凝視したから。
評価 ★★★

楽天市場

ダーク・プレイス

誰が家族を殺めたのかがこの映画の一番重要なことでしたが、結末を知ってなんじゃそりゃとなってしまいました。母親は家を手放すことが余程嫌だったということがわかりますが、結果的に家族を巻き添えに。男に依頼したのかされたのか。二つの悲劇が重なりあったことで起きた事件でもありますが、兄の恋人が母親よりも危ない奴だった。普通に考えたら警察が捜査で兄が犯人ではないことぐらいわかりそうな気がしますが。
評価 ★★★

楽天市場

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

こういった乗りについていけるなら面白いですが、そうではないと白けてしまうような内容かと思います。何か長瀬智也が池袋ウエストゲートパークのような乗りで面白かった。地獄に比べて天国が特に何もない所だった。あれならたしかに退屈だと思う。しかし、トイレから出てくる場面は気持ち悪かった。なぜにトイレ掃除しないのかと。
評価 ★★★

楽天市場

虹蛇と眠る女

結果的に娘はどこに行ったのか?息子から聞いた車に乗ったのはどこからなのか?夜中に出ていった子どもたちを引き止めることなく見ていた父親はいったい何がしたいのか。子供が失踪したとはいえ、母親の乱れぶりはなんなのか。この映画の結末は消化不良気味になりますが、一番駄目なのが邦題なのは間違いありません。
評価 ★★

楽天市場

生きてこそ

実話を基にしているというのが驚きで、人々の興味は食料がない中どう生き延びたかということ。映画よりも実際の現場のが凄惨だったのだろうけども、人を食べる時に焼かなかったのはなんとも言えない気持ちになった。まさかの生肉。アンデス山脈で雪があり温度も低かったから腐らなかったのかもしれない。しかし、なんであんなに低空飛行していたのか。この映画ではイーサン・ホークが出演していますが、明らかに一人目立っています。
評価 ★★★★

楽天市場

アバンダンド 太平洋ディザスター119日

パッケージをみるとプリズン・ブレイクの俳優が主役みたいな扱いですが、実はそうではなく強い役でもなかった。こういった映画は好きなので飽きずに見られましたが、一人の男性がやたら暴力的でイライラしていたのは後々脳腫瘍のせいだったことがわかりました。気弱そうなおじさんが釣り竿を落としナイフも落とす。何やってんだ!と突っ込みを入れたくなりました。しかし、サバイバルとはいえ最後の方は水もあるし魚という食料もあるしで何かサバイバル生活を楽しんでいるようでした。驚いたのは漂流していたことを世間が疑っていたこと。それだけありえないことだったのでしょうけども。
評価 ★★★★

楽天市場

インフェルノ

このシリーズの慌ただしい感じは好きで今回もまたそうだったので面白さはありましたが、疑問なのはウイルスで人口減少を企んだ首謀者はなぜ隠す必要があったのか。その首謀者は自殺したわけで。自殺するぐらいならば普通に人が多い場所でウイルスをばらまけばいいわけで。
評価 ★★★

楽天市場

デビル(1997)

時代の背景がわからないといったい何と戦っているのか全然わからず、調べて初めてそういったことがあったという歴史を学ぶことに。せっかく下宿させてもらっていた中で恩を仇で返すことになったフランキー。ブラッド・ピットとハリソン・フォードがやりあうというのは何か嫌だったな。お互いが協力するような形のが良かった。
評価 ★★★

楽天市場

ワイルド・スピード SKY MISSION

ポール・ウォーカーが気になって映画に集中できなかった。弟が一部場面で代役を務めているらしいが、いまいちわかりませんでした。ポール・ウォーカーが亡くなったことで追悼映画となってしまい、終始寂しい気持ちでみることに。シリーズものとしては既に3作目を遥かに上回っている中でいまだに人気があるのは丁寧な作りと飽きさせないような工夫なのでしょう。
評価 ★★★

楽天市場

噂のモーガン夫妻

ヒュー・グラントはこういった役が本当に似合う。夫妻は夫の浮気によって仲が悪くなったと思っていたものの、実際は子供ができなかったこと、お互いに悪い所があったことが原因だった。ただ、この映画では最終的に仲直りして養子を迎えているが、そんな簡単に仲直りするぐらいだと事態はそんなに重いものではなかったと思う。
評価 ★★★

楽天市場

ヒットマン:エージェント47

主人公の見た目から考えると冷徹なのか優しいのか紛らわしい。そして、誰が敵なのか味方なのかも紛らわしい。そういったわかりにくさがこの映画をつまらなくした面もあると思う。女性がもっと活躍するかと思われたけども脇役止まりでたいして何もしなかったのも拍子抜け。なかなか惜しい映画だった。
評価 ★★★

楽天市場

ハドソン川の奇跡

実話を基にしているので結果は知っていました。ただ、この映画では無事にハドソン川に着水した後のことがメーンに描かれています。その後のことは全く知らなかったので、機長の判断が正しかったのかどうかで最後まで飽きさせずに緊張感を保ったままというのはクリント・イーストウッドの手腕か。クリント・イーストウッドの作品はとても良作が多いし、トム・ハンクス出演作もまたそう。しかし、コンピュータでのシミュレーションはあてにならないということがばれてしまった。人間は機械じゃないということ。
評価 ★★★★

楽天市場

マリー・アントワネットに別れをつげて

主人公がマリー・アントワネットに惹かれた理由がいまいちわからなかった。かなりワガママなマリー・アントワネットであるのに。それに、身代わりにされたということは死を意味するものだと思っていたらあっさり逃げることに成功。この映画は、レア・セドゥファンが谷間を楽しむだけのものなのか。
評価 ★★★

楽天市場

キトキト!

帰られ帰られ。富山の方言は面白い。この映画はご当地映画なのですが、東京でホストをしている時間が上映時間の中で多くを占めているので、富山の印象があまり残りませんでした。母親が突然死んだのも何か取ってつけたような。わざわざ死なせる必要があったのかと。悲劇的にしなくても。
評価 ★★★

楽天市場

戦場からの脱出

実話を基にしている分面白さに欠けてしまう部分はあるかと思います。気になるのが主人公は他の脱走した人たちを仲違いしたのはなぜなのか。もしかすると主人公の性格がかなり良くなかったのではないかと疑ってしまいます。ユージーンはその後どうなったか?わからないモヤモヤ。ドウェインもあっけない最後でしたが、結果的に銃を捨てたのは明らかに良くなかったわけで。実話を基にしているとはいえ、一人の証言では真相はわからず。
評価 ★★★

楽天市場

貞子vs伽椰子

ホラー映画というのはいかに音で視聴者を驚かせるかにかかっていますが、この映画では特にそれはありませんでした。最後には怪物登場というもう別物の映画になってしまいましたが、正直、派手さを出すとホラー映画は途端につまらないものに。しかし、常盤経蔵は全然役立たないし、盲目の少女も盲目なのか怪しい動きをしているし。ネットに動画をアップした件が有耶無耶になっているし。あれこれやりすぎて散見してしまった。
評価 ★★

楽天市場

フライト・クルー

どこかで見たような場面がふんだんに詰め込まれていました。ロシア映画でしたが、アメリカ映画と遜色はありません。火山が噴火した島からの脱出を試みるのはわかりますが、最初からもっと小型の飛行機で向かう選択はなかったのかと。島の人口がそんな多いような印象は受けませんでした。気になるのは鉱山があるのに港はないのか?という突っ込みを入れたくなりましたが。鉱物はすべて飛行機で運んでいるのか。最後の場面、操縦士から訓練生に格下げされていたのは落ちなのでしょう。
評価 ★★★

楽天市場

マエストロ!

テンポが終始良くなくて全体的に雰囲気が暗くてしんどい映画でした。取ってつけたようなエピソードを盛り込んでいるのもまた良くなく、感動させたいという意図があからさまというのも良くなかったです。miwaは本職ではありませんでしたが、よく頑張っていたと思います。
評価 ★★★

楽天市場

ヴィンセントが教えてくれたこと

ヴィンセントの性格は最悪ですが、良いところもあるってことが主人公の子供に伝わったのでしょう。聖人の発表は涙モノです。しかし、主人公は自分が養子ということが伝えられたのか。そもそも、なぜに養子になったのか気になってしまいました。ヴィンセントも何を収入源にしていたのか?浪費ばかりで明らかに収入源がないような気がした。
評価 ★★★★

楽天市場

ジャーヘッド

戦地に行けば敵を倒したいという欲が出るのはわかりますが、生きてこそと考えると戦わないのが一番最優先と思ってしまいます。昔みたいに大義名分がハッキリしない中で戦うのも何か盛り上がらない理由なのでしょうけど、戦争は馬鹿馬鹿しいことだなと映画を見てあらためて思う次第です。しかし、あの仮設トイレの場面は汚かった。こちらまで思わず鼻をつまみたくなりました。
評価 ★★★

楽天市場

フォーカス

3年後・・・。急に雰囲気が変わってしまった。前半と後半では全然違った。前半はわくわくさせる場面があったものの、後半はなにか別の作品みたいに。父親登場といっても本当に父親か?容姿が全然違うのではないか。それに、銃で撃つ必要が本当にあったのかどうか。女性もなぜ異国の地まで来ていたのか。偶然にしてはさすがにおかしくはないか。
評価 ★★★

楽天市場

ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠

エリート検事という堅い仕事の影響で依存症のようになってしまったのか、それとも妻との生活にストレスを感じていることがそうさせたのか。何が原因かはわかりませんが、大統領になるような人間は血気盛んなのかもしれません。終りの場面。ホテルで部屋に入って生きましたが、まさか止めていなかったのか。政治家になっても止められなかったか。
評価 ★★★

楽天市場

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

観客を笑わせたいという思いが強く伝わって来ますが、すべて笑えないほどのつまらなさ。物語も美術品をメーンにしているようで特に深く入り込んでいるわけではないので、ドタバタコメディのコメディがない物語と言った感じ。ジョニー・デップはシリアスな役のが似合うのですが、容姿がコメディに向かないのがその理由です。
評価 ★★

楽天市場

映画 ビリギャル

実話がどうこう関係なく映画としての完成度が非常に高い。物語の展開は非常にわかりやすく、父親がとんでもなく嫌な性格をしたり、対象的な母親もいたり。コミカルに描いているのですが、それが全然くどくなく爽やか。主人公がなにより爽やかで応援したくなる。あのコーヒーを飲んでお腹を下す場面は見る人誰もが試験前に飲むのはまずいだろう思ったはず。
評価 ★★★★

楽天市場

ミッション:インポッシブル

そんな古い映画ではないのに1980年代製作のものと思えてしまった。こういったワクワクする映画は貴重。今見ても楽しめるのはそこまで時代が進化していないからなのか。トンネル内でヘリコプターを飛ばすのはさすがに映画としても演出としてやりすぎな所があったかもしれない。派手さを追求するよりも、見つかりそうで見つからないみたいな場面のが面白い。
評価 ★★★

楽天市場

コンカッション

フットボールの選手を守るために動く人を潰そうと思ったのは商業面での影響を考慮していたのでしょうけども、最終的にそれがフットボールの成長に繋がるはずですが、現在はどうなっているのだろうか。今でも何か対策をしているのか気になる所。そういう事実があったというだけで何も対策が講じられていないと悲劇。
評価 ★★★

楽天市場

ホリデイ

映画にあふれるあたたかい包まれるような雰囲気がとても良い。キャメロン・ディアスのとてもキュート。ジュード・ロウもかっこいい。温もりに満ちた作品なので、見た後は心穏やかになれる。子供二人もいじわるではなく優しいからまた良い。
評価 ★★★★

楽天市場

二ツ星の料理人

三ツ星を目指すよりも主人公が再生していく、周りと融和していく物語でした。上映時間も長くないのであっという間に終わってしまいました。主人公の生い立ちが孤立するような性格を作ったのは明らかで、それでも料理が救いだったわけです。しかし、あの女性は主人公に対してめちゃくちゃ言っていたはずが、あっさりと心許してしまうとは。
評価 ★★★

楽天市場

教授のおかしな妄想殺人

段々と教授を好きになっていく夢中になっていくジルがかわいい。教授は悪いやつを成敗してやることで生きる力を得たものの、計画がバレバレになるようなミスを犯しているのは最初からバレてもいいぐらいの軽い感じで臨んでいたのだろうか。エレベーターでジルを落とすつもりが自分自身が落ちるという間抜けぶりはコメディとしてみたら面白いけども、あっけないものだった。
評価 ★★★

楽天市場

人生スイッチ

一番面白かったのは「ヒーローになるために」でした。主人公のイライラがとても伝わって来ます。誰でもあるイラつきで共感出来る部分が沢山ありました。主人公の仕事を活かした仕返し。主人公はすべてを失ったとしてもやりたかったことをやってスッキリ。家族とも仲直りしたのはなんでかわかりませんでしたが。皆が日頃抱えている不満を爆発させた形です。
評価 ★★★★

楽天市場

カジュアリティーズ

一度見た記憶があるが内容を忘れていたので再見。マイケルはコミカルな映画ばかりでなくこういったシリアスな映画でも全然違和感がなかった。実話を基にしているけども、本当に酷い話だ。戦争が人をおかしくさせたのか元々おかしい人達だったのか。ショーン・ペンの憎たらしい顔がまた視聴者を腹立てさせた。最終的に罪となったのはせめてもの救いかもしれないが、女性は亡くなってしまった。
評価 ★★★★

楽天市場

教授のおかしな妄想殺人

評価 ★★★★

楽天市場

天国からの奇跡

実話を基にした物語なので説得力はあるのですが、やたら宗教を推してくるので残念。宗教を取っ払う必要はありませんが、過度に見せるのはどうなのかな。木登りで木の中に落ちるという展開は想像できず、ショック療法が効いたのか治ったというのはいまだに解明されない人間の体の不思議。脳が何が信号を出しているということなのでしょうけど。
評価 ★★★

楽天市場

ブリッジ・オブ・スパイ

派手な物語ではありませんが、最後まで飽きることなく見られたのは作りてが上手いのだろうと思います。弁護士としての仕事をまっとうした主人公は勇気があります。そして、家に帰ってベッドでうつ伏せに倒れ込むように寝ている姿。それだけの心労だったことが伺える。家族がテレビで知った時の反応がまた面白い。暗い内容の物語なのにコミカル。軽いので非常に見やすい。
評価 ★★★★

楽天市場

ターザン:REBORN

ジャングルの中で活躍する姿がメーンかと思っていたら意外とそうでもなかった。主人公は色白なのでターザンというイメージからは少し離れている気がした。この映画はいったい何がしたいのか娯楽作品にしては笑える場面はないし、緊張感を感じる場面もないし。何を描きたいのかいまいちわからなかった。
評価 ★★★

楽天市場

ミッシング・サン

子供を失った両親が必死に捜索する物語かと思っていたら全然違ったので驚いた。子供を失ったために夫婦仲が悪くなり生活が乱れるだけで、子供の捜索とは別の所で活躍していた。最終的に子供が死んだことを知る二人だったけども、母親の乱れっぷりはなんだったのか。もともと持っていたものが出てしまったのか。
評価 ★★

楽天市場

5時から7時の恋人カンケイ

なんだかんだで独身同士ではなかったのでそういった結末になるだろうと思っていました。この映画のベレニス・マルローはとてもスタイルが良く綺麗。綺麗に撮影しているだけなのか本人がかなり綺麗なのか。主人公は最終的に全然売れない作家のままかと思っていたら、才能があったようで。しかし、女性が主人公になぜ惚れたのかがいまいちわからなかった。
評価 ★★★

楽天市場

ユーズド・カー

バック・トゥ・ザ・フューチャーの匂いがぷんぷんとしてくるそういった場面が多くあって面白い。中古車を売るののは大変ということがわかりましたが、なぜ悪巧みを考えているのはなぜなのか。普通に売ると全然儲からないということか。カート・ラッセルがこんな役をやっていたとは思わず。ロバート・ゼメキスのセンスを感じさせる作品だった。
評価 ★★★

楽天市場

※楽天市場で販売していない

ジュピター

主人公がどうも主演をやるような俳優ではないという違和感がずっとありました。脇役のが力を発揮できるでしょう。この映画は若い人向けなのか全然わくわくしないので、どんな映画だったかも忘れてしまう可能性が高いです。
評価 ★★

楽天市場

死霊館 エンフィールド事件

前半が非常に退屈でいらいらさせられていましたが、後半になって急に動く。ポルターガイストが家で起こるのですが、実は家で死んだ老人を操っていたものがいた。ただ、なぜこの一家がこの家にこだわるのかという疑問が。お金もないのだから家を手放して引っ越せば良いと思ったのですが。
評価 ★★★

楽天市場

あと1センチの恋

主人公があっという間に妊娠して出産!出産さえしなければ幼なじみとも簡単に結婚できただろうけど。この映画はリリー・コリンズのキュートさがすべて。あの眉が自然で美しい。邦題の通りあと少しという所でいつも離れてしまう二人であったけども、最後は・・・。しかし、ホテルを買うお金。父親お金持ちだったのだな。
評価 ★★★

楽天市場

パーフェクト・ルーム

男性陣みんなどうしようもないので窮地に陥るとしてもどうでもいいという風に見てしまったどうも盛り上がりに欠けてしまった。主人公が想いを寄せていたなんて映画の中では種明かしでやっとわかったことであって、視聴者にとってはただ驚くばかり。妻帯者でありながら気楽に浮気する男性陣なので、痛い目みたも何ら問題なし。
評価 ★★★

楽天市場

シャッター アイランド

一度見たことがあったのですが、内容を忘れていたので再見。途中から主人公の扱いがあまり良くないということに気づき、これはまさかと思ったら囚人だった。見ている側にとっては何が本当なのか惑わされてしまうことが多かったですが、もともと保安官で悲劇的なことがあったことを考えると、精神がおかしくなってしまったのも納得。そして、最後主人公は治療が成功したようなしていないような終わり方も良かった。
評価 ★★★★

楽天市場

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

少女の母親がなぜに税金を払わなかったのかという不思議。払えなかったのか知らないふりしていたのか。犬たちによる人間への復讐劇もいくとこまでいくかと思われていましたが、予算の関係か少女のトランペットによって静まってしまうおかしさ。 少女が父親とあっさり和解するのが一番怖さがあった。
評価 ★★★

楽天市場

g@me.

二転三転する物語なのですが、樹里が妹をあやまってあやめてしまうのはさすがに無理があるような気も。ハサミでそんなに上手い具合に。この物語は樹里が出頭すれば済んだはずで、葛城という人物が誘拐することに加担するような性格とは思えず。佐久間も何がしたいのかハッキリせず。
評価 ★★★

楽天市場

オオカミ少女と黒王子

山崎賢人は黒髪のがずっと似合っていることがわかった。染めた姿はあまりかっこいいとは思えない。この映画は冒頭のスタビライザーを使った長回し。この手の実写化の恋愛映画では珍しい撮り方。全体的に遠目からのショットが多くありがちな撮り方ではなかったので良かったけども、俳優のファンだと顔を撮れと思うだろう。物語は浅いのですが、神戸が多く出るので地元兵庫ということで親しみが興味深かった。震災の話の場面はリアルさがあり、そこだけ映画の枠から出ていた。二階堂ふみの制服姿がかわいいので、ファンならみるべき。
評価 ★★★

楽天市場

リップヴァンウィンクルの花嫁

上映時間がとても長いのですが、見入ってしまったためそんなに長く感じませんでした。主人公は何か芯がないのかふわふわした性格でそれが仇となっていたような気がします。出会い系サイトで出会って軽い気持ちで結婚したがために、離婚までもあっという間。主人公も悲壮感を出していましたが、相手に思い入れがあるとは思えず。便利屋は別れさせ屋もやっていたのは面白かった。リップヴァンウィンクルがまさかのAV俳優だったのは驚きの展開で、母親の家でのシーンはこの映画のハイライト。主人公の黒木華よりも綾野剛、Coccoのが目立っていました。
評価 ★★★

楽天市場

プラダを着た悪魔

一度見たことがあったのですが、内容を忘れていたので再見。この映画のアン・ハサウェイはキラキラと輝いている。映画ではパワハラ三昧の上司が主人公をいじめるのですが、テンポが非常に良くて最後は爽快な気分になる。なんだかんだあったけども終わり良ければ全て良しといった気持ちよさがある。
評価 ★★★★

楽天市場

紙の月

主人公が大学生にのめり込んでお金のために銀行で横領。実際にありそうで恐怖を覚える。目の前で大金が毎日動いていたら感覚が麻痺するのかもしれない。主人公がなぜそれをしたかは終盤で種明かしされるのですが、子供の頃の主人公は生真面目というよりもサイコパスのような怖さがあった。寄付した相手に会いに行って涙するあたりは自身の原点を見つめ直すためなのか?なんなのか。
評価 ★★★

楽天市場

模倣犯

いったい?犯人は何がしたかったのかさっぱりわからない。自らテレビに出演するという間抜けぶりと、そこでの自害。この映画のハイライトは藤井隆がいちごを食べる場面。練乳をチューチューといちごにかけず自らの口の中に入れてからのいちご。ピースよりもずっと目立っていた。
評価 ★★

楽天市場

しあわせへのまわり道

主人公は書評家。収入もちゃんとありそうで、夫に対する愛も特にないような気がするのに、夫に出て行かれたのがやけに堪えたのか狼狽えていた。そんな風には見えなかった。主人公が自動車教習で立ち直っていく過程、ダルワーンの奥さんが社交的になっていく過程、そしてダルワーンの紳士な姿。気楽に見るには最適な映画かもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

エクストラクション

この映画の良かったところは上映時間が長くなかったところ。ブルース・ウィリスが出演していなかったら多くの人は見ないであろう作品。息子が活躍するのはするのですが、強いのか弱いのかわかりづらい。犯人は身内だったという展開もよくあるのですが、お金のためにした行動とはいえ全然迫力がない。
評価 ★★

楽天市場

10 クローバーフィールド・レーン

ハワードが怪しいおじさんなのかどうか最後までわからなかった。実際に少女を監禁したのかも証拠がいまひとつ。ハワードが男をやる必要があったのは主人公がけしかけたせいもあるだろう。主人公は外の世界に最終的に出ていくものの、防護スーツが破れても全然平気という謎。いつのまに浄化されていたのか。そして、謎の飛行体なのか生物なのか。火炎瓶で軽く倒せる弱さ。前作もあれだったが、今作もあれだった。
評価 ★★★

楽天市場

フィフス・ウェイブ

クロエ・グレース・モレッツが出演していなかったら評価も更に下がるだろうといった内容でした。前半はわくわくさせるのですが、正直、子供が戦闘員となるといった展開は大人から見ると幼稚に思えてつまらないと感じてしまいます。終わり方も続きがあるような中途半端さ。しかし、地球を侵略するのにわざわざ人間に寄生するというのは効率が悪いような気がする。
評価 ★★

楽天市場

沈黙の粛清

サイクスがポーターなのかポーターがサイクスなのか最後まで匂わすだけでハッキリとした答えを出さずに終えるというのは何かスッキリしない。ギャングを一掃するために働いてくれるので、警察も何か本気で止めようとしていない雰囲気が漂ってきて、非常に生温い感じでした。
評価 ★★★

楽天市場

沈黙のアフガン

スティーブン・セガールを前面に出しているけども、全体的に出演する場面も少なく活躍する機会も多くないです。そして、低予算だからといって撃たれた人から全然血が出ないというのはどういったことか。女性のカメラマンがやたらと元気がよく活躍するのですが、兵士よりも狙撃が上手いとはこれはどういうことか。
評価 ★★★

楽天市場

ソロモンの偽証 前篇・事件 後編・裁判

面白くなる雰囲気はあったものの、正直、柏木君が死んだことにたいしての興味がどんどん薄くなっていった。生徒たちは裁判をすることが楽しみみたいな雰囲気を醸し出していた違和感。最終的に柏木君が死んだ理由が独りよがりであって、周りの人間にとってはどうでも良かったから、この映画もどうでも良いものになってしまった。光った演技をしていた役と同名の藤野涼子さんは今後活躍するだろう。
評価 ★★★

楽天市場

マイ・ファニー・レディ

なにかと慌ただしい映画なのですが、そこがコメディとして面白い所。主役のイモージェン・プーツがただただキュート。そして、オーウェン・ウィルソンをこういった役が本当に合う。上映時間も短いので、ちょっと気軽にコメディを見たいといった場合に良いかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

ガガーリン 世界を変えた108分

ガガーリンがどういった人物か多少は知ることが出来ましたが、それが本当なのかどうかはわかりません。あのドイツ人の家に盗みに入った場面。明らかに兄弟が良くないことをしているものの、なぜかドイツ人が悪者に描かれているという不思議。この映画のハイライトは、ガガーリンの父親がこらえるように喜びを噛み締めている所。あからさまに喜ばないあたりが良い。
評価 ★★★

楽天市場

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店

ヤーコブが自殺願望があるというのがいまいち納得できない。お金に困っていない大富豪で人生に悲観する原因となった父親の死に方もそこまでいうほどかという感じがする。映画の設定である代理店の存在は面白いが、女性に巡り会えたから延期して欲しいというのはさすがにどうなのか。短期間でそこまで相性のいい女性といえるのか。しかも、その女性が代理店の人間。ちょっと設定に無理がないか。
評価 ★★★

楽天市場

博士と彼女のセオリー

スティーブン・ホーキングさんのことは名前だけ知っていましたが、この映画を通じてどんな人物なのか多少は触れることができました。お通りたのは余命が2年がいまでも存命ということ。それが一番の奇跡。そして、病気を患いながら子供3人を作ったものの、結局最初の妻と別れるというのもまた面白い。映画の中では短縮されて表現されていましたが、もっと長い時間軸で起きたことをWikipediaから知りました。
評価 ★★★★

楽天市場

X-コンタクト

最初の10分でこればつまらないのではないかと感じ取ったのですが、本当にそうでした。地球外生命体どうこうよりも、主人公の女性がすべての元凶。助かったのは発見者の主人公のみ。主人公がいなければ発見することもなく、引き上げることもなく。しかし、爆弾を地球外生命体の口の中に放り込むという選択肢はなかったのか。
評価 ★★

楽天市場

64-ロクヨン-前後編

全然期待せずにみたからなのか、わりと面白く思えました。ただ、記者クラブと広報室とのやり取りは正直どうでもよくて、64事件をメーンに扱って欲しかった。また、犯人の声を覚えているというのはさすがに難しいような気がする。冷静な状態ではなかったわけで、よほど声に特徴がないと。スーツケースを川に投げるのはいいけども、そのスーツケースが流れる先を警察が追わなかった理由がよくわからない。なぜ翌日になってから発見なのか。しかし、犯人が少女を誘拐して現金を手にするまではいいとして、少女を生きて返さない理由がいまいちわからなかった。
評価 ★★★★

楽天市場

パンズ・ラビリンス

少女の妄想なのか現実なのか曖昧なのが良かったのかもしれない。明確に区別をつけるとファンタジーにはならないということから。ただ、子供向けの映画としてはちょっと痛々しい場面が多いので、大人向けだろうと思う。ハリウッド映画ではないものの、質はかなり高い。映像も良い。唯一わからないのは、少女が唐突にぶどうを食べたこと。明らかに取って付けたような場面だったの、違和感があった。不自然だった。
評価 ★★★★

楽天市場

チリ33人 希望の軌跡

詳しくは知らなかったけども、全員助かったニュースだけは覚えていたので、この映画から得られる感動みたいなものは全然ありませんでした。ドキュメンタリー映画として描くべきだったのでしょうけども、誰かが権利を得て稼ぎたかったのだろうなという匂いがしています。チリなのに英語という時点でコメディみたいな感じも出ています。
評価 ★★★

楽天市場

インナースペース

スピルバーグはこういうのを作らせたら上手いなと思います。正直、男の身体の内部に入り込んでいるので、男目線からは気持ち悪いというのはありました。コメディとして考えるならば、もっと人間だけではなく色んなものに入り混んでしまっても良かったかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

黒の組織が出ていればある程度緊張感を保つことができ見る側にとって興味深く面白いのですが、観覧車で明らかに死んでしまうだろうという場面。全員生きていたという不思議。キュラソーの吹替えで天海祐希さんが起用されていましたが、声優としてはプロではないのに上手いと思いました。ただ、声がわりと低めなのでキャラクターと微妙に合っていませんでした。ほかに、この映画での元太にはイライラさせられました。
評価 ★★★

楽天市場

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

主人公は過去の栄光に囚われていたのか?それともただ単に統合失調症だったのか。主人公を演じた俳優の人生と重ねさせるような劇中の主人公。娘との関係に問題を抱えていることが悩みの最大の種だったの、それとも俳優としてもう一度あの栄光を取り戻したかったことのが上だったのか。撮影手法がスタビライザーを多用しており、場面間の繋がシームレス。面白い見せ方だと思う。観客に色んな解釈を持たせる映画です。
評価 ★★★

楽天市場

マギー

ゾンビになる娘を為す術もなく見守るだけという物語なので、盛り上がりには欠けてしまう。シュワちゃんが娘を助けるために奔走するということもないわけで、観客としてはそういったのに期待していただろう。エンターテイメントとして考えるとこの映画はちょっと厳しい。
評価 ★★★

楽天市場

女教師

女教師が一人で舞い上がっていただけで、生徒はそもそも本気だったのか?一人で舞い上がって、一人で倫理観から悩んで。最終的には醜い姿を晒すことになり、職も解雇される流れで。この映画もいったい何がしたかったのかよくわからなかった。
評価 ★★

楽天市場

※楽天市場にパッケージソフトなし

エクソダス:神と王

もっと物語がしっかりしているのかと思っていたら、映像だけだった。日本人にはわかりづらい親しみのわかない宗教関連のことであるのと、ラムセスが子供が大事なのかそうじゃないのか立場がいまいちはっきりしないの。中途半端さが目立ちました。海が割れるかと思っていたら、潮が引いただけだったという落ち。あららら。
評価 ★★★

楽天市場

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

今回の映画はホラーに近い部分がありました。たぶん、子供がみたらトラウマになるかもしれない。サキちゃんの母親のムンクの叫びのような見た目。クレヨンしんちゃんの映画が良いのは笑いがあって戦う部分があって最後はめでたしめでたしとわかりやすさ。笑いがあるから抑揚がつくのだろうと思います。
評価 ★★★★

楽天市場

嫌な女

嫌な映画でした。木村佳乃が嫌な女を演じているのですが、全然大したことがない。嫌な女ならば関わらなければいいものの。この映画で唯一面白い場面は、木村佳乃と吉田羊が喧嘩するところ。この喧嘩をメーンに据えていればいいものの。退屈で最後まで見るのがきつかった嫌な映画でした。
評価 ★★

楽天市場

俳優 亀岡拓次

余程何かしら魅力のある俳優なのかと思っていたら、亀岡拓次の何が凄いのかといったそういったことが全く伝わってこなくて、中年の俳優が酒場でだらだらと酒のんでいることがメーンになっていた。スペインの映画に出たのはいいものの、誰でも出来るような役じゃないかと。安曇との恋の話をメーンにするのが良かったのじゃないかと。
評価 ★★

楽天市場

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

広島の被爆した市街地で山椒を手に入れる梅崎。どう考えてもおかしいのですが、これはいったい?この物語は30年前の引退のきっかけとなった事件よりも、ロジャーがスズメバチにやられる所がメーンになっているのではないかと。そして、申し訳ないのと家政婦をやめて欲しくないから遺産を上げるという約束。このあたりはホームズのしたたかさが出ている。
評価 ★★★

楽天市場

ロスト・バケーション

サメ以外がリアルに丁寧に作られているものの、なぜかサメが非現実的なのでもったいない。サメは大物であるクジラで満足しろよと。お腹が空いてクジラを仕留めたのではないのかと。主人公は医者を目指していたので医療の知識があり止血できたのだけども、最初にサメにやられた時脚そのものを持っていかれたかと思っていたら、歯型だけだった不思議。
評価 ★★★

楽天市場

マネーモンスター

犯人役の犯行理由がどうでも良いもので、爆弾も偽物で、何か緊迫感があるのかないのか。面白いのはスタジオで犯人が入り込んで来た時が頂き。損失額もたいしたことないし、多くの人が損をしていると言ってもそれを含めて投資と考えるわけで。損したら人の責任となるのも何か違うような。
評価 ★★★

楽天市場

バンクラッシュ

銀行強盗なのにやけにまったりしているので、全然緊張感が伝わってこないという致命的な部分があった。そして、地下鉄が水没するくらい雨が降っているのに、銀行の外ではそんな雰囲気も感じなかった。犯人たちは何がしたかったのかイマイチわかりづらかった。お金が欲しかったのか?政治家を脅したかったのか?
評価 ★★★

楽天市場

セブン・イヤーズ・イン・チベット

ハインリヒとダライ・ラマとの会話の場面。ここが微笑ましくて微笑ましくて。ダライ・ラマ役の子供が辻元清美にそっくりでそっくりで。ところで、映画は20年は経つのですが、チベット問題が今でも続いているということを考えると、中国は何も変わっていないということがわかります。
評価 ★★★★

楽天市場

ボーダーライン

主人公は女性かと思っていたら実はベニチオ・デル・トロだった。この映画の場合、主人公の女性にはイライラさせられるばかりで、何をやってもダメダメで。ベニチオ・デル・トロは妻と娘をやられた復讐のために冷徹になってボスを倒すのですが、ボスの屋敷。セキュリティが弱すぎて、復讐するのに今まで居場所もわからず何を手こずっていたのか。ボスの家がもっと要塞化していないと。あっさりとしていたので。
評価 ★★★

楽天市場

バトルスティール

あまりにもつまらないので、どんな内容だったのか見終わった後に全然残らないっという爽快感。最高。全然頭に残らないって言うことは、強い印象が何もないってことなのでしょう。低予算の弊害なのか、低予算の言い訳なのか。何がしたいのかわからない典型的な映画でした。
評価 ★★

楽天市場

白い沈黙

犯人が顔を出してしまったこと、少女生きていること。これだけで恐怖がなくなってしまう。寒々しい雪の季節の映像は良いのですが、少女が全然悲壮感なく暮らしているあたりがまた感情移入させない要因か。父親も有能なのかそうでないのか。母親は父親を貶しまくっているので嫌悪感。警察も全然役立たないといういらだち。
評価 ★★★

楽天市場

シビル・アクション

裁判物としていまいち盛り上がりに欠ける内容だった。主人公がやり手なら面白かったけども、小さな弁護士事務所でお金を持っていないものだから、窮地に追い込まれる。環境保護庁に頼ってなんとかなったというのは、今までの戦いはなんだっのかといったことに。最初からそこに頼ることは思い浮かばなかったのか。依頼してきた女性もお金じゃないときっぱり弁護士を批難。
評価 ★★★

楽天市場

先生と迷い猫

猫を出しておけば映画としてはある程度の質を保つことができるという例。この映画は少年の怖さ。そもそも少年を登場させる必要があったのか。カッターナイフを弄っている場面なんかはサスペンス映画なのかと思ってしまう。校長先生も偏屈さから嫌われているのですが陰口を言われているのを見るのは気分が良いものじゃない。
評価 ★★

楽天市場

13時間 ベンガジの秘密の兵士

銃撃戦は最初は面白いものの最後には飽きてしまう。籠城戦だからか。そして、大使を助けられなかったのはがっかりする要因。映画の中でもあったけども、意味のない戦いだから、見ている側も銃撃戦を見ているだけ。
評価 ★★★

楽天市場

ブルーラグーン ~恋の目覚め~

二人が無人島に流されたのはわかるけども、どれだけ遠くに流されたのかがわからず。捜索で無人島を探すと見つかるだろうに。そして、二人の無人島生活は全然大変そうではなく、快適に過ごしているような生活ぶり。全然悲壮感がなかった。ヒロインがかわいいというだけで、何か無人島生活のサバイバルをもっと見たかった。
評価 ★★★

楽天市場

ダメ男に復讐する方法

ダメ男に復讐する3人というよりは、ダメ男に引っかかったダメ女という結果ではないだろうかと。ダメ男に復讐しなければいけないということは、自分たちがダメ女という証。夫はかなり顔の整っているけども、奥さんはちょっとあれなんで浮気されてもおかしくないのではないかと思ってしまったりした。
評価 ★★★

楽天市場

日本のいちばん長い日

こういったことがあったのかと勉強にはなりますが、映画として面白いかというと別で。セリフが早くて難しい言葉が沢山登場するので字幕付きでみましたが、当時の歴史を最初に予習していないと全然頭に入って来ないのは確かです。阿南陸相の自害は痛そうだったな。誰も止めないあたりは時代なのか。
評価 ★★★

楽天市場

僕だけがいない街

おかしな点が多くて繋がらない事が沢山。この映画で良かった点は石田ゆり子さんがとても綺麗でかわいいという所だけ。主人公の藤原竜也の母親役はさすがにおかしいだろう。大人から子供に戻って事件解決に奔走するのだけども、はっきり言って先生が怪しいってことに気づいた後もたいして何かをするわけではないという不思議。結婚して西園という名前になっていたとしてもバイト先によく来るならば一目瞭然。そして、なぜか最後はビル屋上で対決。ビル屋上になぜ?
評価 ★★★

楽天市場

カノジョは嘘を愛しすぎてる

物語はよくあるやつなのでどうこう言うことはないでしょうけども、この映画の唯一良い点は大原櫻子がとても可愛いこと。そして、歌がうまいこと。それだけといった所でしょうか。大原櫻子ひとり輝いている映画です。ですから、大原櫻子さんのファンならばといったところ。
評価 ★★★

楽天市場

裏切り者

裏切り者というよりも、主人公が悪い友達をもったことを悔やむ必要がある。主人公も犯罪で服役したことも褒められないわけで、母親に心配ばかりかけているあたり、何も擁護する気持ちにもなれない。主人公を含めて悪い奴らは因果応報。
評価 ★★★

楽天市場

ルーム

実際にこういう事件はあるのですが、この映画では犯人が早めに顔を出しているために全然怖さがなかった。監禁生活から脱出後の生活がこの映画のメーンだとは思いますが、そんなに大変そうには描かれていなかった。わりと軽い感じで。シェイムレスのフランクが登場しているのはずるい。シェイムレスを知っているために、どうしてもフランクとして見てしまう。
評価 ★★★

楽天市場

白ゆき姫殺人事件

この映画、電車男みたいな作風だった。ツイッターを頻繁に登場させているのは今風なのでしょうけども、あまりにもツイッターの声が大きいので、事件がとても軽く感じた。しかし、狩野さんが犯人になるには動機が弱い気がするのだが。そして、城野さんが階段で押したのは確かで、城野さんは捕まらないのか。
評価 ★★★

楽天市場

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

眺めのいい部屋といってもニューヨークの中でということなのか。売却価格が一億円あたりなのは全然庶民的ではないというのは確かだ。なぜそこに魅力を感じるのかがわからないからいまいち伝わってこない部分があった。犬の手術代もとんでもない額ですが、それを簡単に出せるというのは驚き。
評価 ★★★

楽天市場

「僕の戦争」を探して

ジョン・レノンのそういった映画があったことをこの映画を通じて初めて知った。そして、この映画はジョン・レノンに会うことを主とはしていなかった。3人組のロードムービー。先生が先生らしくない考えの持ち主で、これが周りの人に良い影響を与えていた。ジョン・レノンに会うためにアルメリアには早々に到着してしまうので、そこでの滞在記みたいなものが中心なのですが、そこでの先生、女性、少年の触れ合いがほのぼのしていたので、こちら側もあたたかい気持ちになれた。
評価 ★★★

楽天市場

シェル・コレクター

これはいったい・・・。貝類学者として特別何かしらやっているようには見えず。ただ貝を集めているだけではないかと。女性が流れ着くのも意味がわからない。どうやって?外国人の通訳が漁師というのも訳わからない。息子もいったい何がしたかったのか。よくわからない映画を作りたかったなら成功したといえよう。
評価 ★★

楽天市場

ビーチ・シャーク

ビーチ版トレマーズといった所か。これを作ったのが数年前ということを考えると、映画を作る技術が退化しているのか。いくら低予算でももっと上手く作ることが出来る気がしてならない。マヌケなのか、無駄にビーチに近づいて亡くなる人たち。町長なんてその最たるもの。ブレンダ保安官も頼りがいがあるのかないのか。
評価 ★★

楽天市場

かけがえのない人

運命を信じるかどうかは人それぞれなのですが、この映画はエンディングの無理やり感はもったいないな。それに、若い頃と中年になった頃の俳優が全然違う顔をしている。雰囲気が違うという。別の物語が始まったのかと思った。ドーソンが亡くなり息子の心臓移植の相手だったというのも無理があるな。ドーソンの家族の刑期は意外と短かったのだなしかし。
評価 ★★★

楽天市場

バタフライ・エフェクト

エヴァンがケイリーのことを好きになったのが分岐点だったというのはわかるが、結末はハッピーエンドではないあたりに何かモヤモヤしたものがある。それよりも、トミーが危険な人物なのは虐待を受けたせいだけなのか。エヴァンがケイリーと仲良くならないことでトミーがいい方向に進むというのはまた違うような。しかし、精神科医はなぜ日記がないと嘘をつく必要があったのか。
評価 ★★★★

楽天市場

砂上の法廷

不倫の相談を受けた主人公の弁護士が奥さんの不倫相手だったということか。そういったことから計画を遂行したと。一番のやり手は主人公だったということか。法廷ものの中ではそんなに面白さは感じなかったのは、息子はやったか奥さんがやったかとかやられた相手に全然味方するだけの要素がなかったせいか。
評価 ★★★

楽天市場

JAWS/ジョーズ

名作を40以上経ってから見ることになるとは。例え古い映画だとしても全然色あせていない、面白さ怖さがありました。頼りがいのある船長とは違い何をして良いのかおろおろしていた署長がまさかの大活躍。船長も最後は間抜けなやられ方でした。3人で酒を酌み交わす場面なんかは3人がひとつになる意味で重要。
評価 ★★★★

楽天市場

告白

森口先生が教室で告白する場面がハイライトかと思って最後まで見たら、まさかのどんでん返しが待っていた。すべて森口先生が仕組んでいたという。導いていた。若い頃の橋本愛がかわいいのですが、今と違って骨格がしっかりしていないからでしょうか。岡田将生演じるウェルテル。あんな教師いたらそりゃー嫌われるだろうなと。岡田将生は適役だった。
評価 ★★★★

楽天市場

この国の空

当時の時代背景があったにせよ里子にとっては市毛が魅力的な男性に思えても仕方なし。男前なわけだから。里子の市毛をみる目が徐々に変わっていく様がこの映画の面白いところ。母親からの忠告を全く無視するほどの市毛に入れ込んでしまう。止められない。里子が市毛に恋したことをすぐに母親とおばさんが感づいたのは同じ女性だからなのか。
評価 ★★★

楽天市場

白鯨との闘い

この邦題から白鯨と戦うことがメーンの映画かと思っていたら全然違っていた。キャスト・アウェイと同じで船を失ってからのサバイバルがメーンだった。漂流している間の水。そして、食料。人を食べたというのは焼いて食べたのか?それとも生肉なのか?漂流した際の生きる術を誰も知らなかったのかが気になる。
評価 ★★★

楽天市場

エヴェレスト 神々の山嶺

最初の20分ほどでもう飽きてしまう満足してしまうほどの重たさ。ただただ重い。最後まで重いので疲れがひどくなる。エヴェレストよりもずっとハードルの高い映画だった。映像は素晴らしいので映像だけ流していれば良いぐらい。深町は羽生を撮影するために赴いているのに途中で諦めてしまう。これがイマイチわからなかった。そして、全然体力も経験もないのに密着して取材しようというのも無謀。
評価 ★★

楽天市場

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

なにもいうことはないね。いつもの映画ドラえもんでした。
評価 ★★★

楽天市場

ゾンビシャーク 感染鮫

いまどきこんな陳腐なCGのサメは珍しい。30年前かと思った。よほど予算がなかったのだろうなと思う。そして、なぜか人々はサメのいる海に近づくという不思議。嵐も全然来る気配はない。なにより、ソフィが最後まで姉によって大事に保護されていたと思っていたら、あっけなくやられる始末。研究所の女性もまたあっけない。間抜けぶり。
評価 ★★

楽天市場

Dearダニー 君へのうた

アル・パチーノの渋さがかっこいいのですが、年齢の割に若くみえるのは何かやっているのだろうか。ハリウッドの俳優はアレコレとやっていることが多いので、アル・パチーノも例外じゃないのかもしれませんが。親子の仲がそんなに簡単に埋まるとは思えませんが、この映画ではそういったのはこだわらないといった展開。数十年新作を作らないのはさすがに笑ってしまいますが、ヒット曲があるだけでも十分なのは間違いありません。
評価 ★★★

楽天市場

母と暮せば

母親と子供が暮らす物語だと思っていたのですが、拍子抜け。まさかの幽霊物語でした。ホラーに近い演出がありましたが、母と子の会話がほとんどを占めている映画なので、正直な所すぐに飽きてしまいます。
評価 ★★★

楽天市場

レヴェナント:蘇えりし者

映像美が素晴らしい。スタビライザーを多用して長回し。それが臨場感を演出している。この映画のハイライトは熊との場面。まるで本物かと思ってしまうほどの出来。あれは本当にリアルで怖い。熊に襲われて生きているだけでも奇跡なのですが、そこから復活しての復讐劇。何度もみたい映画ではありませんが、熊の恐ろしさを知るには良い映画です。
評価 ★★★★

楽天市場

アルカトラズからの脱出

刑務所からの脱出物は好きで、特にショーシャンクの空にが好きで。こちらの作品は実話を基にしているのと冤罪ではないようですが。限られた条件、限られた調達物を使っての島からの脱出。陸続き出ない所からの脱出は相当な困難。脱出までに至る過程が面白くて、脱出物の醍醐味はそこにあります。
評価 ★★★★

楽天市場

黒崎くんの言いなりになんてならない

これはリアルではないからいいものの、もしそうならば黒悪魔はただのセクハラで気持ち悪いやつということになります。立派な寮なのに男女一緒というおかししさに突っ込んでは行けないでしょう。物語全体で抑揚に乏しいので、見ている側は退屈なのは否めません。俳優目当ての十代女性向けだとしたら成功なのでしょうけど。
評価 ★★

楽天市場

ディバイナー 戦禍に光を求めて

歴史の背景を知らないので全然感情移入することはありませんが、主人公の父親は勇敢なのか猪突猛進なのかわかりづらい。ホテルの女性と恋の関係になるというのは何か違うのじゃないかと。息子たちの遺骨を探すために来ておきながら、そっちに気がいくというのは。コーヒー占いもイマイチわからなかった。
評価 ★★★

楽天市場

ドルフ・ラングレン 処刑鮫

邦題がひどい。この邦題でないと注目が集まらないということか。邦題だけでなく内容もなんだかな。ドルフ・ラングレンそのものが強いということもなく、鮫そのものも小さくて弱い。警官の女性がセクシーなだけで、特に何か目立ったものがなかった。
評価 ★★

楽天市場

アルティメット・サイクロン

ラインマンの物語なのですが、ストーカー男によって姪のベイリーが間接的に銃で撃たれるという顛末は果たして必要だったのか。ラインマン一本でいけば良かったものの。しかし、全体的にチグハグ感が否めなかった。トラボルタの死に方も全然肯定できない。体重かけて動くならば他に方法あったでしょうと。
評価 ★★

楽天市場

禁断のケミストリー

主人公の俳優をどこかで見たことがあると思ったらグリーンマイルだった。この映画の終わり方はハッピーエンドというよりも、なんとかバレずに済んで万事休すを免れた。薬局の仕事も全然忙しそうに見えず、すごく楽そうでストレスが溜まるようには見えなかったが。
評価 ★★★

楽天市場

※日本パッケージソフト未発売

イニシエーション・ラブ

あまり深く考えずに見ていたから、最後の種明かしで騙された!となりました。太った男性が痩せたところで松田翔太にはならないだろうと疑問を持っていましたが、それは映画だからありなのかと思っていたら。しかし、マユは寂しさを埋めるために二股をしたのだろうけども、最終的にどちらの鈴木を選ぶのかという所が気になる。映画はそれを描いていませんが。
評価 ★★★

楽天市場

マイ・インターン

見始めてから終わるまであっという間。それだけテンポが良かったのだろうと思う。アン・ハサウェイは相変わらずかわいいので評価も向上。現代社会の問題を取り上げつつも、最終的にはハッピーエンド。ただ、夫が浮気しているのを丸く収めてしまったのは良いのか悪いのか。清々しい気分になれる映画でした。
評価 ★★★★

楽天市場

ベアリー・リーサル

内容からいって10代向けのチープな映画です。チープな映画ですから、気楽に見る分には最適かと。チープな内容かどうかは10代が見てどう感じるかで違ってきますが、沢山映画を見ている人には物足りないかと。主演のヘイリー・スタインフェルドは注目しています。
評価 ★★

楽天市場

ファング一家の奇想天外な秘密

おかしな両親に育てられた子供はどうなるかといった事を証明しているようで、身につまされます。他人を巻き込んだ迷惑行為を芸術と称しているのもおかしなことで、それが芸術ならば何でもかんでも芸術ということになってしまいます。事件に巻き込まれたと見せかけたのも芸術とするあたりは狂っていると見られてもおかしくありません。
評価 ★★★

楽天市場

チャップリンからの贈りもの

桜の木、パナソニック製のテレビ。これだけで日本人ならば親しみを感じてしまいます。チャップリンがしたように社会風刺が混じっている内容で、貧しい者にも救いがあるといった内容です。サミラ役の子供が可愛かった。
評価 ★★★

楽天市場

THE 有頂天ホテル

メリーゴーランドのように目まぐるしく忙しく事が展開していきます。ひとつのホテルを舞台に様々な人が密接に関係してトラブルが発生。撮影の仕方もカットは少なめでスタビライザーを多用しています。ハイライトは西田敏行が両側から紐を引かれる場面。浜ちゃんと同じような役柄。
評価 ★★★

楽天市場

アイアムアヒーロー

日本の映画でここまでやれるとは驚いた。有村架純の役割がいまいちよくわからないまま終わってしまったものの、序盤から中盤にかけては面白かったのだけども、アウトレットモールで失速した。陸上選手の跳躍力。ゾンビだからといって棒を使わずアウトレットモールの屋上まで飛べるのはやり過ぎ。
評価 ★★★★

楽天市場

COP CAR/コップ・カー

ケビン・ベーコンがもっと子どもたちを執拗に恐怖を与えながら追いかける物語と思っていたものの、まさかのドジってしまったという焦りから行動するだけで、怖さが全然なかった。それよりも、暴走する少年二人のが怖かった。最後の銃弾が跳ね返りによって負傷した少年。この場面が一番怖かった。作り手の少年の扱い方に恐怖。
評価 ★★★

楽天市場

サヨナラの代わりに

最強のふたりをどうしても思い浮かべながら視聴してしまうきらい。シェイムレスの印象が強いので、エミー・ロッサムは不利です。ただ、この映画での役柄はシェイムレスとほとんど変わらない感じです。ALSの病気どうこう関係なく、映画としては中途半端な出来。病気を広く衆知したいのか、感動させたいのか。主人公も全然苦しそうな感じが伝わって来なかったので、そのあたりがマイナスだったのだろうか。良い家に暮らしているあたりも駄目だった理由か。
評価 ★★★

楽天市場

マーセナリーズ 傭兵部隊

傭兵部隊といっても4人しかいないという少数。しかも、装備も意外と貧弱で。予定外の任務でさっそく一人やられてしまう間抜けぶり。住民を助けたのはいいものの、腰が高いためにやられたと見ている。そして、その住民たちが武器を手にしたのですが、その住民のが強そう。こういった映画の場合、緊張感がないというのはどうだろうか。低予算だから仕方ない面もあるかもしれませんが。
評価 ★★

楽天市場

家族はつらいよ

家族はつらいよというよりも、おじいさんの傍若無人がつらいよといった感じで、おばあさんも最後に許しちゃうのも何か違うような。熟年離婚どうこうよりも、品を失った人がいることのストレスじゃないかと。相手が誰であろうと品性がないと付き合っていられないわけで。
評価 ★★★

楽天市場

暗殺教室~卒業編~

前作に引き続きやはり主演の俳優がどうも気になってしまって集中できなかった。なぜにそんなナヨナヨとしているのだろうかと。殺せんせーを助けるような展開になることもつまらなくさせているのかと。最終的には生徒の手によって殺せんせーは終りを迎えますが、しかし、主人公がいつの間にか先生になっている。しかも、容姿が全然かわらない。中学生の容姿ではないので設定上無理があり、その生徒がいつの間にか先生に。
評価 ★★★

楽天市場

二重逃亡

ベアリーリーサルのヘイリー・スタインフェルドが出演していますが、今注目している俳優です。父娘の逃避行を描いた物語ですが、麻薬組織が意外と怖くなくボスも何かブラッド・ピットに似ている。物語そのものがどうしても父娘の物語に持っていこうという強引さが多少見られました。離れれいた父娘の仲が良くなるのか?という疑問があります。
評価 ★★★

楽天市場

※日本パッケージソフト未発売

タイムリミット

面白そうな設定だなと見始めると、これが全くの空振り。主人公をはじめ、対峙する敵役と思われる人物たちも緊張感がなく、また弱々しい。そもそも、主人公が全然寒そうではない。切羽詰まっていない。そして、女性と実は恋人関係で最後は助かるというオチ。そこはいいとして、実はコンテナだったというのは明らかに無理がある。コンテナそのものが小さいわけで。
評価 ★★

楽天市場

珍遊記

大人がこんな寒々しいギャグ映画をつくってしまったことは評価されるのかどうかは難しい。はっきり言うと面白くないけども、面白くないことを必死でやる美学なのか。この映画のハイライトはカラテカの矢部と温水洋一ぐらいか。
評価 ★★

楽天市場

ハッピーエンドが書けるまで

リリー・コリンズがとてもかわいらしくて、かわいらしくて。心が離れた家族がよりを戻す物語ですが、恋人役のローガン・ラーマンが良い!何が良いって言葉にするのは難しいのですが、良いのです。しかし、売れた小説家だけあって良い家住んでいるわけで、お金があるということから全然そこに関しては困るようなことはないわけで。そういった所があるので窮乏状態という感じはないのは確かです。単純に夫が浮気をしたのが始まりだったことがわかったわけで、夫が原因だったのは何かあっけない。
評価 ★★★

楽天市場

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

リーマンショック後にこういったことも起きていたという実話を基にした映画なのですが、無知だと損をするというようなことをまざまざと見せつけられる。そんな無知な人たちがローンを安易に組んで家を手にしたせいもあり、騙した側も悪いのですが、現実的に考えてローンを払えないような人たちが家を手に入れることそのものがおかしいことに気づかないというのは無知だからなのか。無知につけこんだ側が悪いのか。
評価 ★★★

楽天市場

THE WAVE/ザ・ウェイブ

沢山映画を見ている人ならば物語がどうなっていくのか予測できてしまうほどの、お決まりの展開でした。フィヨルドを舞台にしているあたりがノルウェー映画なのかもしれません。しかし、父親が普通にフェリーに乗る選択をしていたら家族も苦労することなかったものの。それに、家族だけ奇跡的に全員助かったというのは多少白けてしまう部分も。
評価 ★★★

楽天市場

のんちゃんのり弁

ちょっと想像していた内容と違いました。のり弁当が主役というよりも夫婦のいざこざがメーンであって、娘とのり弁当は脇役だったような。主人公も離婚していないのに同級生と不倫関係。カメラ屋の息子もやる気のない仕事ぶり。主人公がもっとしっかりした人物だと思ったら、旦那をめちゃくちゃ殴るという狂った姿を晒していた。実は主人公がいちばん危ない駄目な人物だったのかもしれない。
評価 ★★★

楽天市場

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

ほとんどの人が思うことですが、映画にする必要はありません。TV版と同じで面白かったのですが、ハイライトは蛭子さんが転んだ所でしょうか。気になったのは、通訳なしと通訳あり。最初は通訳なしで頑張るのかと思っていたら、途中からそんなの関係なくなっていたということで、どちらかに統一するのが良かったかも。
評価 ★★★

楽天市場

追撃者

結果的に主人公は人間狩りにあい荒野を逃げるのですが、おじいさんがあんな所にいるとは誰も思わないわけですから、本当に誤射です。しかし、逃げる主人公にはまるでマラソンの給水ポイントに何かしら生き延びるためのアイテムが所々にあり、それはないだろとツッコミを入れたくなりましたが、ただ、そういった仕掛けが面白かったりもしました。警察がグルになっていたのは主人公に不利でしたが、彼女の下宿先にちゃっかり泊まっているところにダグラスが現れて、これまた運良く彼女が銃を枕元に置いていたというのは出来過ぎな気もします。
評価 ★★★

楽天市場

サンバ

フランスにいられないというのにサンバはどうも危機感がないわけで。母国への仕送りもいつの間にか忘れてしまう。アリスも燃え尽き症候群というわりには意外と元気があって。コメディーとしては人が亡くなる場面もあり。全体的に、ただヘラヘラしている人たちといった印象。それはサンバ自身が全く追い詰められ状況なのにヘラヘラしているからなのか。 <
評価 ★★★

楽天市場

リトル・ランナー

ボストン・マラソンの部分だけが感動するような上手なつくりだったのですが、主人公の少年があまりにも下品なので、この物語のそこまでやるかといった感じでした。下品なのはいいとしても、さすがにやり過ぎている感はありました。リトルランナーとはいうものの、主人公は結構大きいなと言う印象。
評価 ★★★

楽天市場

駆込み女と駆出し男

あとあと気づいたのは、レコーダーの機能で字幕が出せること。この映画は早口が多く知らない言葉も多く聞き取ることに集中していたので、物語よりもセリフばかりに集中してしまった。東慶寺のことを知れたのは良かったものの、この映画は字幕ありでみると評価は良くなるかと思う。
評価 ★★★

楽天市場

アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日

良いときもあれば悪いときもあるということを提示したいということか。いやいや、悪い時のがずっと多いのが人生ではないかと。良い時なんてほんのわずか。これがヒットするあたりアメリカなんだろうな。日本人には笑えないような事ばかり。ところで、この映画のように上映時間が短いと集中力が続いて助かります。
評価 ★★★

楽天市場

トゥルー・ストーリー(2015)

犯人は記者を利用して無罪を狙っていたのか?それとも罪を小さくしたかったのか?陪審員制度というところも厄介だなこういう犯人がいると。映画そのものは実話を基にしているものの45分を過ぎたあたりで既に飽きてくるのですが、犯人役の俳優が爽やかなので全然怖さや怪しさがないのがもったいない。
評価 ★★★

楽天市場

※パッケージソフト日本未発売

めぐり逢えたら

評価 ★★★★

楽天市場

小野寺の弟・小野寺の姉

クローゼットの中での山本美月がかわいいのですが、弟もまんざらではなかった。姉は純粋に振られたというよりも、勘違いして一人舞い上がっていただけ。姉と弟では全然違っている。姉が独身だったのは単純に持てなかったからということが正しい。
評価 ★★★

楽天市場

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

かなりノリが軽い歴史物なのですが、そういった軽いノリで気楽にみたらわりといい作品なのかもしれません。ただ、ドラマの延長ですから、ドラマをみていないぶんよくわからない部分もあり、思い入れもなかったわけです。ドラマをみているとまた違った評価になっていたかもしれません。
評価 ★★★

楽天市場

食べて、祈って、恋をして

知らんがな!というツッコミをいれたくなりますが、主人公はなんだかんだやって変わった気でいるだけであって、実際は何も変わっていないというように見受けられました。そんなにすぐに変わるならば旅をするなんて事になっていないわけで。そして、結局旅先で男性を知り合ってという結果をみると、やはり何も変わっていないわけで。
評価 ★★

楽天市場

ザ・ブリザード

救命に行くには小さいボートだし、あまりにも高い波をいくつも越えなければいけない。実話を基にしていることが信じられない。実際に脚色がどれほどあるのかはわかりませんが、ただただ驚くばかり。しかし、ディズニーの作品なのでどうも優しい作り。全然緊迫感が伝わって来なかった。
評価 ★★★

楽天市場

オートマタ

いずれこの映画のようにロボットが人間と争いを起こすこともありえるかもしれません。主人公はロボットに対して見下しているのかと思っていたら、実はそうではなかった。ただ、接し方と口が悪いだけであって。あの最後の海が見えたというのはどういうことなのだろうか。死んだということなのか。汚染地域に長くいたことで。
評価 ★★★

楽天市場

クライム・ヒート

いい人そうな主人公。でも実は一番登場人物の中で恐ろしい人物だった。ただ、女性と犬に対しては優しい面をみせていたものの、悪者には容赦ない。最後の場面。女性は主人公を受け入れるかのような終わり方。それでいいのかと女性に対してツッコミたくなった。
評価 ★★★

楽天市場

100回泣くこと

一気に時間が進むので、あれよあれよと女性はなくなってしまった。物語そのものは全然ひねりもないので、あっさりとしていたような所はある。ところで、桐谷美玲にしてもともさかりえにしても腕の細さが心配になって映画に集中できなかった。
評価 ★★

楽天市場

ビキニ・カー・ウォッシュ

何度もビキニ洗車の場面が登場しますが、3回目には既に飽きてしまったいる。そして、女性陣が微妙な容姿でなんだかなと。主人公に関連することが感傷的で何か盛り上がりに欠ける。父親が気難しいな人でビキニ洗車に水を差してくる。
評価 ★★★

楽天市場

ナイトピープル

主人公は北村一輝なのか佐藤江梨子なのか。二転三転とさすがにくどい感じもした。そして、刑事があまりにもしぶとい。交通課なのに自分の仕事はどうした?エレベーターで刑事に撃たれたのは結果的に札束によって回避できたのだけども、二転三転が好きな脚本なので、主人公が死んでしまうのはないだろうと思っていたらその通りだった。
評価 ★★★

楽天市場

グッドナイト・マミー

痛々しい場面が散見されるのですが、序盤で双子の一人がいないというヒントが出てしまっています。しかし、母親はなぜに包帯を巻いていたのか。整形だとしたらなぜこのタイミングで?視聴者にあれこれと考えを巡らせるようなかたちですが、痛々しい場面は目を背けたくなるのは確かです。
評価 ★★★

楽天市場

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密

3作目となるとさすがに飽きて来てしまうものです。既に2作目で新鮮さがなかったのですが、まさか3作目が製作されるとは。ベン・スティラーはどうも難しそうな表情をしているので、コメディには合っていないのではないかと常に思います。アメリカでは違う評価なのかもしれませんが。
評価 ★★★

楽天市場

白い嵐

こんな良作があったことを当時から今まで全く知りませんでした。中盤まではなんだかんだありながら穏やかな航海だったものが、嵐に遭ってから一変。数人のクルーが犠牲になりましたが、全滅しなかっただけでも立派なこと。船長どうこうではなかったのでしょうけども、誰かが責任を取らないと事態は収まらない。
評価 ★★★★

楽天市場

マレフィセント

アンジェリーナ・ジョリーよりも小さい頃の妖精役の子がかわいい。しかし、この物語は何か滑稽というか間抜け。自身で呪いをかけて、その呪いを解くのがマレフィセントの真実の愛。一体何がしたいのかって突っ込みたくなるところ。オーロラ姫も父親が死んでいるのに、るんるんらんらんしているというおかしさ。
評価 ★★★

楽天市場

パトリオット

当時の戦い方を描いているのでしょうけども、今見ると明らかに滑稽にみるる。正面同士で戦い合うのは死傷者は簡単に出してしまうやり方。誰も気づかなかったのだろうかと。メル・ギブソンはこういった大作映画の主演としてやはり似合うしかっこいい。
評価 ★★★

楽天市場

ストロボ・エッジ

ぐだぐだ。福士蒼汰のぎこちない演技は演技をしているのか素なのか。気まずそうな演技はなんなのか。杉本真央役の黒島結菜のが有村架純よりもずっと透き通った容姿で目立っていました。しかし、蓮が麻由香と別れるのも意外とあっさりしていたし、すぐに仁菜子と付き合うのも何かな~。拓海も何か強引で紳士的ではなくてどうなのかと。
評価 ★★

楽天市場

就職戦線異状なし

今見ると明らかにおかしい事が散りばめられているのですが、主人公はそういった中でも最終的に自分に馴染みのあるスポーツ用品店に就職したのは良い風刺。和久井映見がかなりかわいくて、主人公はそちらと恋仲にならなかったのが不思議。全体的に前向きで明るいので、映画としては良く出来ていると思います。今、地上波で放送すると当時とのギャップで面白いのではないかと。
評価 ★★★★

楽天市場

※DVD・Blu-rayの発売はしていない

スガラムルディの魔女

銀行強盗がまさかの展開。魔女が怖いという印象よりも、エバ役のカロリーナ・バングのセクシーさそればかりが強調。この映画の監督と結婚していたことを知って驚き。魔女のお店にあるボットン便所。あれは洋式で水洗じゃないところが良かった。ボットン便所だから成り立つ物語。
評価 ★★★★

楽天市場

デザート・ストーム

最終的に主人公の女性と兄貴が助かったということで良いのかどうか。兄貴は助かったかどうかの場面がなかったのでわからず。砂漠で立ち往生なんてわかりやすい展開。そもそも未舗装なのにキャンピングカーで走行しようとしたことが無謀で、夜だからというのも通用しない。地図も持っていたはずが、なぜ迷う。
評価 ★★

楽天市場

沈黙の制裁

特別何かいうことはなし。沈黙・・・。
評価 ★★★

楽天市場

罪の余白

娘の死に方をみるとイジメのせいとは言えないから難しい。いじめとしては生ぬるい。そして、主人公は車の上に落ちたのに生きていたという屈強な身体と運の持ち主だった。吉本実憂という女性が目立っていたけども、目に力を持っていたためか。
評価 ★★★

楽天市場

フィフス・エステート/世界から狙われた男

この映画そのものが事実と異なっているようでは説得力がまるでなし。映画もなにかジュリアン・アサンジが一人で暴走しているだけで、ウィキリークスどうこうよりも、アサンジの暴走を見ているだけといった感じだった。
評価 ★★★

楽天市場

パリ3区の遺産相続人

はじめ主人公は性格の悪いクチの悪いやつかと思っていたら、まさかな悲しい過去があって同情しないまでも、そうなってしまうのは仕方ないなと思わせられた。この物語でのポイントはおばあさんが自身の恋のために人の人生を壊してしまったにもかかわらず、素知らぬ顔。最後はハッピーエンドみたいに終わったけども、果たしてそれで良かったのかと。なにかすっきりしない。
評価 ★★★

楽天市場

リミットレス

リミットがないだけでそこまで脳を使えるのかというとどうなのだろうか。だいたいやることはお金儲けになってしまうのだろうけど。薬がなくなる懸念で右往左往していたけど、頭の回転が良くなるならば薬の開発もできてしまいそうなもの。主人公は最後に上手くやったけども、あれは薬の開発に成功したのかどうか気になる所。
評価 ★★★★

楽天市場

  1. トップ
  2. 映画視聴履歴
  3. 映画視聴履歴-2017年

関連コンテンツ