1. トップ
  2. 株の含み損満点日記
  3. 2017年の取引
  4. 2017年8月16日の取引 堅調な新興市場を眺める

2017年8月16日の取引 堅調な新興市場を眺める

記 2017年8月16日
本日の取引はなし。別の作業をしながら時折持株の株価を眺めるだけでした。日経平均はヨコヨコで商いが少ないのか盛り上がりに欠けていました。そんな中、新興市場は元気でした。

個人投資家に人気の銘柄が元気だと新興市場全体にその波が波及するので、上げ上げの雰囲気になります。ただ、持株にはたいして恩恵がなかったので、個人投資家には不人気の銘柄なのだと思います。

夏枯れ相場が終わる秋頃からの相場を予想すると、これから上昇トレンドを描いていくとは思えません。NYダウがずいぶんと高い位置にいます。また、ドル円も115円といった円安にはなりそうもありません。

ですから、18500円あたりまで調整することで上値余地ができるものと考えます。上値余地ができなければ多くの参加者にとってやりづらい相場になるでしょう。日経は16000円から20000円の間のレンジで動いていればいいのです。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +14000
8591 オリックス 1738 100 +5400
9831 ヤマダ電機 576 100 +1400
7445 ライトオン 1073 100 -11800
1459 楽天225ダブルベア 9530 3 -8160
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -102300
7201 日産自動車 1101.75 200 +1450
6072 地盤ネット 370 1000 -26000
3646 駅探 757.29 1700 -24293
2371 カカクコム 1335 400 -4800

スポンサーリンク

スポンサーリンク