1. トップ
  2. 株式含み損満点日記
  3. 2017年の取引
  4. 2017年6月23日の取引 アステラス製薬とお別れ

2017年6月23日の取引 アステラス製薬とお別れ

記 2017年6月23日
アステラス製薬を我慢できず1491円2000株で利確。残り500株を現渡。できれば1396円あたりまで我慢するつもりが、あまりの値動きの悪さに決済。含み損は我慢するくせに含み益になると途端に握力が弱くなるのは駄目な取引の典型。

アステラス製薬の場合、日足のチャートがとても良いので売ったら上がるだろうなと思いつつも平均取得単価が高い位置なので我慢できませんでしたが、やはり売ったら上がるというお決まりの展開で、後場寄りから急進し1400円超え。

なぜあと少し我慢できなかったということよりも、なぜ早く上げてくれなかったと嘆きとため息。株式投資していればこんな事はよくあることなのですが、それでもがっかりです。

今後、アステラス製薬を売買することはありませんが、またひとつ勉強になりました。大型株は本当に難しいと実感しました。アステラス製薬は残念でしたが、良いこともあるものです。

なんと!数日前に買った駅探がストップ高。材料が出ていたことはストップ高後に知りました。駅探の株主でもあるフジ・メディア・ホールディングスの傘下のジャパンインフォと業務提携。

フジ・メディア・ホールディングスが株主になっていたのはこういった理由だったのかと。ただ、材料が業績に与えるの影響がわからないので、300株のうち100株をストップ高で利確するつもりでしたが、出来高の少なさからストップ高まで買い上げた人たちは更に上げないと利確できないだろうと思い、ここは我慢と持ち越しです。

月曜日に続伸しなくても過熱感があるわけではないので、長期で保有するのが良いでしょう。今後も何かしら材料が出る期待もありますから、小型株特有の材料で簡単に数十パーセント上がるまで、気ままに保持しておくつもりです。

月曜日、駅探が830あたりまで上がると利確しますが、700円台では売る気はありません。それぐらいの気構えでいないと利は伸ばせません。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +11000
8591 オリックス 1738 100 +3850
3646 駅探 687.67 300 +29499
9831 ヤマダ電機 576 100 -700
7445 ライトオン 1073 100 -4700
1459 楽天225ダブルベア 9530 3 -8850
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -53900
7201 日産自動車 1083.63 1200 -5556
6072 地盤ネット 381 500 -2000

スポンサーリンク

関連コンテンツ