1. トップ
  2. 株の含み損満点日記
  3. 2017年の取引
  4. 2017年12月25日の取引 新興銘柄にクリスマスは来なかった

2017年12月25日の取引 新興銘柄にクリスマスは来なかった

記 2017年12月25日
本日取引なし。新興銘柄にクリスマスは来なかったというのはどういう意味なのかは置いといて、持株のカルナバイオサイエンスを含めて節税売りなのか多くの銘柄で酷い下げ。

新興銘柄に日経平均があまり関係ないのは確かで、人気があれば驚くほど上がるし、そうでない場合は驚くほど下がる。それだけ動いてくれると上がる際に値幅を取れる。

ただ、下がる際には厄介。何が厄介というと貸借銘柄ではないから。新興銘柄の多くは貸借銘柄ではない。だから、個人は一日信用の空売りしかできない場合が多く、ヘッジもできない。

個人は空売りできないのに機関は空売りできる。このあたりの不公平を是正しないと、健全な市場とはいえない。東証はいったい何をやっているのだろうか。

今年節税売りが出るということは、それだけ儲かっていた人も多いということ。それは良いことだと思う。2018年の相場がどうなるかはわからないものの、今年のような生ぬるい相場はもう終わりではないかと想定して挑む必要がある。。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +21400
8591 オリックス 1738 100 +19150
9831 ヤマダ電機 576 100 +3300
7445 ライトオン 1073 100 -17000
1459 楽天225ダブルベア 9530 3 -13980
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -174300
3646 駅探 757.29 1700 +40307
4334 ユークス 630 200 +24000
4347 ブロードメディア 107 2000 -10000
9433 KDDI 2903 300 -19650

スポンサーリンク

スポンサーリンク