1. トップ
  2. 株の含み損満点日記
  3. 2017年の取引
  4. 2017年11月9日の取引 日経平均乱高下

2017年11月9日の取引 日経平均乱高下

記 2017年11月9日
本日取引なし。持株のLIXILビバが少しでもリバってくれるかと期待したものの、日経平均の乱高下に巻き込まれて結局マイナスで引けました。あああ。

今日の日経平均は明らかにおかしかった。前場の上げがそもそも何で上げているのかわからないぐらいに調子よく上げていた。不思議に思っていたら、後場に仕掛けてきたのか、高値から垂直落下。

引けにかけて持ち直したものの、上髭が今後響いてきそうな気がする。一度22000あたりで落ち着くのが良いと思う。やはり急騰は急落を招く。逆もまた真なり。

日経平均の乱高下は久々で最近の生ぬるい相場に冷水を浴びせた。強い銘柄はリバも強く、弱い銘柄はリバも弱く。日経の上げに連動しなかった銘柄が下げには連動、これは株あるある。

ただ、資金は循環しているので心配無用。今まで上昇せずにいた銘柄に流れが来るのはこれまた株あるある。今日のような下げで狼狽売りしている個人投資家はいつまで経っても損切りばかり。

考えたら当たり前のことで、安くなったら買い高くなったら売る。狼狽売りはこのセオリーに逆行する行為。ただ、買ったら放置みたいな投資家と比べて毎日株価とにらめっこしているような個人投資家は狼狽売りしやすいかもしれません。

狼狽売りはそもそも信用買いしている個人投資家が維持率を保つため。現物ならばどんと構えていられるわけで、そう考えると信用買いは分が悪いことがわかります。

こういった暴落時の対処としてはナンピン資金の用意、利益確保のため両建て、満足した利益がのっているならば逆指値。やり方は色々あります。思い出す2016年のショックと比べると今日の暴落で大きく損失を出した人はいないでしょう。

今年の相場はかなり生ぬるかったので、来年はまた乱高下するのかどうか。日経平均は金曜日の動き次第で短期的にどっちに転ぶかわかってきます。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +21700
8591 オリックス 1738 100 +26850
9831 ヤマダ電機 576 100 +600
7445 ライトオン 1073 100 -12800
1459 楽天225ダブルベア 9530 3 -13740
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -143300
3646 駅探 757.29 1700 +133807
4334 ユークス 633 100 +1500
4347 ブロードメディア 112 1000 -4000
3564 LIXILビバ 1745.34 300 -5502

スポンサーリンク

スポンサーリンク