1. トップ
  2. 株の含み損満点日記
  3. 2017年の取引
  4. 2017年10月10日の取引 神戸製鋼所のストップ安

2017年10月10日の取引 神戸製鋼所のストップ安

記 2017年10月10日
本日取引なし。神戸製鋼所はやらかしでストップ安。大企業だから投資対象として安心なんて幻想ということを示している。ただ、持株の日産と違って配当がなかったりあったりで不安定な会社だからストップ安になったのかもしれない。

もともとPBRをみると神戸製鋼所は割安な銘柄。ただ、業績が安定しないため、ずっと低迷した株価がここ最近の日経の上げに連動してか高くなっていた。そこにこのストップ安だから、相当多くの人が含み損に転落したと思う。

神戸製鋼所の株価が上場来安値になるようなことがあれば、どこかのファンドが登場する可能性は高い。技術力はあるので、それを活かせる人生さえいれば今後の体質改善に期待できる。

日本の企業は日本という特殊な市場に守られていることで生きながらえている。外国の企業と競争にさらされると一気に駄目になるのは、日本人が保守的だからだろう。起業の少なさをそれを表している。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +18300
8591 オリックス 1738 100 +9600
9831 ヤマダ電機 576 100 +3600
7445 ライトオン 1073 100 -11400
1459 楽天225ダブルベア 9530 3 -10620
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -141900
7201 日産自動車 1101.75 200 -2550
6072 地盤ネット 370 1000 -18000
3646 駅探 757.29 1700 -22593
6238 フリュー 1088 100 +6300
4334 ユークス 633 100 +1800

スポンサーリンク

スポンサーリンク