1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2017年の日記
  4. 新温泉町に新しいラジオ放送所ができたのですが・・・

新温泉町に新しいラジオ放送所ができたのですが・・・

記 2017年12月5日
本日の神戸新聞但馬欄に新温泉町用土に新しくラジオ中継局が開局(2017年12月1日)した旨の記事が掲載されていました。

当中継局はラジオ第一のみの発信。周波数と出力は(1233KHz・0.5KW)。中継局の設置によって約3千世帯の電波が改善されたようです。

局名について、神戸新聞では「新温泉ラジオ中継放送所」で、NHK神戸放送局からのリリースでは「新温泉ラジオ放送所」となっています。どちらが正しいのかはわかりませんが、新聞の名称のが正しい気がします。

記事では1998年に旧温泉町、旧浜坂町から電波改善の要望が出ていたそうで。ですから約20年近く待っての開局となったわけです。詳しい事は新聞をご覧ください。

日本海側だと海の向こうから電波が飛んで来ることもあり、混信等でクリアに聴けなかったのかもしれませんから、中継局の整備は有用だったと思います。ただ、要望が出た1998年当時とでは時代が変わってしまいました。

今はネットでラジオを聴けるようになり、頑張って周波数をあわせる必要もありません。通信でラジオを聴く時代です。NHKならば「NHKラジオ らじる☆らじる」、民放ならば「radiko」。

正直、ネットでラジオを推奨していけば中継局整備も必要なかったような気がしてなりませんが、高齢化率の高い地域なので必ずしもスマホやパソコンを使用しているわけではないでしょうから、整備は妥当だったのでしょう。

1998年から約20年、当時要望を出していた人が今ではネットでラジオを聴いている可能性もあったりなかったり。個人的にはネットでラジオを推奨します。

スポンサーリンク

関連コンテンツ