1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2015年の日記
  4. セブンイレブンの鳥取県進出により但馬への出店も?

セブンイレブンの鳥取県進出により但馬への出店も?

記 2015年4月2日
2015年10月 鳥取県への出店を開始(PDF)

いよいよセブン-イレブンが鳥取県に進出されることが決まったようで、これで但馬地方への出店の可能性も大きくなったと考えたいですが、実際に出店されるかどうかはまだわかりません。鳥取県へ進出するのが2015年10月で但馬はその後になるのか同時期ぐらいになるのか。

鳥取進出にあたり、工場、配送センターの目処がついたから出店できるというのはわかりますが、但馬の場合はまた別の地域として考えられていた場合、出店もいつになるか目処をつけることはできません。

もし但馬に進出する場合、セブン-イレブンはドミナント方式なので集中的に出店できる準備が整ってということになるでしょう。ただ、但馬は既にコンビニの飽和状態が近い状態なので、どうなるかわかりません。

但馬において立地条件のいい場所には既にローソンとファミリーマートが出店しています。ミニストップは店舗網を広げるつもりはないのか、全然増えていません。競争によりコンビニが撤退するようなことがあれば、便利が便利ではなくなる事もありえますから、できれば競争しない場所に出店してもらいたいです。

セブン-イレブンの利益は同業他社と比較すると同じような店舗数だとしても全然違っているのがわかります。さすがコンビニ業界首位に位置するだけあります。もし但馬に出店されると大いに歓迎はされますが、既にコンビニがある地域よりは、いまだにコンビニさえない地域を優先して出店してもらえると有り難いのですが。

例えば、豊岡市では旧竹野町、旧但東町。いまだにコンビニさえありません。コンビニの有無によって生活の便利さが全然違ってきますので、公共事業で道路に数千万円使用するならば代わりにコンビニ整備のが住民には嬉しいかもしれません。、

スポンサーリンク

関連コンテンツ