1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2015年の日記
  4. 香美町香住区は道路整備により今後は大きく発展する!?

香美町香住区は道路整備により今後は大きく発展する!?

記 2015年12月3日
大乗寺バイパス(兵庫県道4号香住村岡線)が2015年11月に開通しましたが、2000年代に入ってから香美町香住区周辺では道路整備によって飛躍的に便利になっています。香住バイパス、香住道路、余部道路、境バイパス、大乗寺バイパス。

旧香住町の時で人口が2万人に満たない町でこれだけの道路整備が行われたということは、住民1人あたりに使われた税金は大きな額になっていると思いますが、問題は道路整備がある程度進んだ現状で人口増加を期待できるのかどうかということです。

道路整備により便利になることは確かですが、その間にずっと人口減少が続いていることは否めません。道路を整備したから町が発展するような事は望めない中で、今後はどのようにして町を発展させるつもりなのか、香美町長の手腕が問われます。

わたしとしては以前から言い続けていますが、JR香住駅を含めた駅前再開発を望みます。道路整備もおおかた済んだことから、それでは次は何をするとなると全然予算を投入していない駅前再開発。よくある綺麗に整備するだけではない、賑わいを第一に考えた再開発を求めます。

現町長が寂れた駅前の姿をみてどのように思っているのか。予算が少ない中で何とかする道筋を付けられるのか、注目をしていきたいと思いますが、地域住民の要望はいつも大半の人が道路整備なので難しい課題かと思いますが、なんとか踏ん張って欲しいと思います。

単純に駅前に賑わいを取り戻す策としては、大手チェーン店を誘致するのが一番手っ取り早いですが、画一的な町は飽きられるので、地域住民への起業の推進が良いかと思います。税制面でも何かしら優遇しても良いかと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ