1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2014年の日記
  4. 浜上勇人香美町長について

浜上勇人香美町長について

記 2014年8月27日
2013年に初当選した浜上勇人香美町長について色々と思うことがあります。
私は豊岡市民ですが同じ但馬人として但馬の自治体全てが元気になれば良いなと日々思っていますが、新しい首長が誕生するたびに期待を寄せるのですが、裏切られることが多いです。

新しい首長あるあるネタになりますが、選挙時が働きの一番ピークになり、その後何をやりたいのか何をやっているの分からないと言うことがあります。具体的に何をやりたいのか主張してもらわないと、選挙で選ばれた意味がなくなります。

浜上町長には香美町が元気になるように頑張って欲しいところですが、ブログもなしホームページもなしと、やはり何がしたいのか等のビジョンがわかりません。毎年数百人も人口が減っている中で、大胆にやっていかなければいけないのではないかと思います。

香美町は観光資源が豊富にあるのですが、それが上手に生かされているとは思えません。このあたりがもったいないなと思っているのですが、今まで生かされずに来たものが今更生かされるようになるとは思えません。

行政にしても住人にしても、自分たちの町の情報発信をすることが観光客増加に貢献すると思うのですが、香美町からの情報発信はほとんどありません。情報発信をすることが宣伝になり人々の目に触れる機会が増えるのですが、なぜしないのか謎です。

浜上町長はまず自分のホームページを持って、そこで俺をこうしたいと強く主張することで、前町長との違いを出して欲しいと思います。私の希望としては、香住駅前の寂れぶりが悲しくなるので、ここから何とかして欲しいと願っているのですが、どうも但馬の自治体は道路整備が好きなので、駅を中心とした町づくりがされることがありません。

コンパクトシティ化が声高に叫ばれていますが、駅を中心とした町づくりをしないことには、コンパクトシティ化は難しいのではと思います。今まで道路整備に掛けた費用が人口増加に貢献したことがあるのかどうか。便利にはなっても過疎化は進んでいます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ