1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2012年の日記
  4. 3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を購入した

3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を購入した

記 2012年3月19日
喉から手が出るほど欲しかったと言えば言い過ぎですが、以前からずっと気になっていたSONYの3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を購入しました。購入したのは2012年3月7日と少し前になりますが、それから使用した感想を書きたいと思います。

そもそも私がこの商品を購入した動機はヘッドマウントディスプレイだからという理由ではなくて、クロストークがない3Dを視聴できるということが最大の魅力だと思ったからなのです。また、明るさが低下しないという点も良いです。

3Dテレビ等ではクロストークが気になって映像に集中出来無い事が不快感につながっていましたが、この商品ではそれが全くないため気持よく視聴できます。これは、アナログ放送から地上デジタル放送になりゴーストがなくなった時と同じような感動を味わうことができました。

所持している3D対応ビデオカメラで撮影した映像をチェックしましたが、やはりクロストークがない事で今ある3D対応視聴機器の中では一番だと実感。今までは、3D対応モニターや3D対応テレビで映像をチェックしていましたが、クロストークがないことで自然な3D映像が撮影できていることを確認できました。

3D対応ビデオカメラはあまり売れていないようですが、この「HMZ-T1」を組み合わせることで少しは普及するのではないかと思います。今までクロストークのある3D映像を見せられていたので、なんだか3Dも技術的にまだまだだという印象だったわけですが、それが覆されました。

本当は3D対応テレビにしても3D対応モニターでもクロストークのない3D映像を視聴できるようになることが理想ですが、まだまだそういった製品が出るまでは時間が掛かりそうです。やはり、できるだけ気軽に見られることが大事です。

私はこの商品を買って満足はしていますが、万人受けするかはわかりません。この手の商品は一部の方向けだと思いますので、よほど欲しいという思いがない限りは購入することは止めておくことが賢明です。テレビを見るのと違って装着しなければいけないですから、面倒くさくなってしまうと思います。

余談ですが、人気がありいまだに普通に買えない「HMZ-T1」を買えたのは偶然でした。敬光堂のオンラインショップから購入できたのです。限定1個限りだったようで運が良かったです。

実は、この敬光堂がヤフーオークションに即決価格(59800円)で同商品を出品していたのですが、わたしはヤフープレミアム会員ではないものですから買いたくても買えなかったのです。その際に出品者のプロフィールを調べるとオンラインショップも運営しているということがわかり、そのことで偶然購入できたという顛末。

結局、敬光堂はヤフーオークションと自社のオンラインショップあわせて2個商品を確保していたということなのでしょう。それにしても発売したのが2011年11月11日ですから、発売後4ヶ月以上経つというのにいまだに普通に買えないとは。

スポンサーリンク

関連コンテンツ