1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2011年の日記
  4. 但馬人もTwitterで活躍しています

但馬人もTwitterで活躍しています

記 2011年5月28日
Twitterが日本人に普及するのか懐疑的でしたが、但馬地域在住の人も結構多くTwitterをやっているようで、私は地域情報を得る新しい情報源として重宝しています。ブログと比較しても文字数が少ない分、取っ付き易くて継続しやすいのかもしれません。

つぶやく事で精神的に楽になり、内に溜めているものを吐き出す事ができる点は、とても良いと思います。ただ、このつぶやきもどれだけの期間継続できるのか私は注目しています。数年後には、つぶやく人も減ってしまうのではないかと危惧しています。

それは、つぶやく事に飽きるというよりは、つぶやく時間がもったいないという結論にたどり着くのではと思っています。生きられる時間は限られていますから、つぶやく時間を人生を通して積算すると相当な時間をつぶやきに費やしてしまうわけです。そんな事から、Twitter等のつぶやきサービスも下火になってしまうと思うのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ