1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2011年の日記
  4. 但馬のクマは冬眠しないようだ

但馬のクマは冬眠しないようだ

記 2011年1月15日
2011年1月15日の神戸新聞但馬欄に、熊の出没が相次いでいるといった記事があった。
出没場所は、香美町村岡区と養父市などとなっているが、兵庫県森林動物研究センターのサイトを見ると、ほかにも豊岡市や新温泉町でも熊の出没があるようだ。

例年、冬眠しない熊がいるようなのだが、記事を呼んで分かるのは、親熊がいなくなった子熊が冬眠できないで彷徨っているのかもしれない。だから、冬眠しない熊というよりも、冬眠できない子熊がいるということなのだろう。

それでも、大半の熊は冬眠する。それに比べて、イノシシや鹿は冬眠しないから困る。
先々週だったか、家のすぐ横にイノシシが来て、ミミズを探していた。深夜0時頃だった。雪があるのにイノシシには関係ないようだった。寒さ知らずだ。

わざわざ家のそばまで来てミミズを探る必要があるのか謎なのだが、今後は、熊よりもイノシシだ。イノシシの数を適正に保たなければ、厄介な事になる。

スポンサーリンク

関連コンテンツ