1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2010年の日記
  4. LUMIX TZ-7が再び壊れた!

LUMIX TZ-7が再び壊れた!

記 2010年7月22日
PanasonicのLUMIX TZ-7が再び壊れました。
今年の2月に修理に出したばかりなのですが、やはり一度壊れたものは再度壊れやすくなっているということなのだろうか。困ったものだ。

今回も以前壊れたときと同じ症状。
レンズの内部にゴミが入ってしまっているのだと思う。

うっすらだが黒い点が中央右端に出ている。
気にしなかったらわからないレベルの問題なのだが、気づいてしまったから気になって仕方ない。これでは、撮影中にいちいち気になって思う存分撮影を楽しむ事ができない。

れがその黒い点、わかりやすいように画像処理してある。

私がLUMIX TZ-7を買ったのは、2009年5月末。
そして、壊れて修理に出したのが2010年2月。それから5ヶ月で再度壊れるてん末。なんて悲劇。

しかも5年保証に入っていなかったため、メーカー保証の1年しかなく、今修理に出すと修理代金も高くなるはずだから、買い換えたほうが良いという結果に。

購入した当時は3万数千円だったのですが、今日現在の価格コムでは、なんと!最安値が1万7千円台ほど。たった一年で約半額になってしまっているわけです。

ただ、コンパクトデジタルカメラのランキングで未だに5位につけているところをみると、バランスの取れた良い製品なのでしょう。もう修理と言う選択はやめて、新しく買い換える製品を検討しているのですが、デジタル一眼レフにしようか、手軽に使えるコンパクトデジタルカメラにしようか、悩み中。

候補にあげている製品はこちら↓

FinePix HS10
FinePix F300EX
EOS Kiss X4
α NEX-5D
LUMIX DMC-TZ10

どれも魅力的な製品なんですが、どれも欲しいので決められない。
α NEX-5Dの3Dスイングパノラマという機能が気になるし、FinePix F300EXRBのぐるっとパノラマ360も魅力的だ。

パノラマ写真が手軽に撮影できるなら、横長の風景の撮影には最適になる。
例えば、山からの眺望であったり、観光地の景色であったり。表現の幅が広がるわけだ。

このように、かなり悩んでいるのだが、今月中には買うつもり。
撮影できないストレスをためるのも良くないから、決めるときは決めたい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ