1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2010年の日記
  4. シネパレス山陽座でアバター3Dを観た

シネパレス山陽座でアバター3Dを観た

記 2010年3月25日
昨日、姫路市のシネパレス山陽座で「アバター」3Dを観てきました。
姫路駅前にある姫路フォーラスWESTの7階にあるシネパレス山陽座にて。



姫路には映画館が数館あるのですが、3Dはシネパレス山陽座にしかありません。神戸新聞に掲載された記事によると、2009年末に3Dの設備を導入したようです。

シネパレス山陽座の3Dは、ドルビー3D方式の設備となっていました。
3Dメガネは使いまわしとなっています。メガネを掛けた姿は間抜けな感じになってしまいますが、上映中の館内は暗いので気にすることはありません。

肝心のアバターの内容。
映画をみるまえは、どんな物語なのか皆目検討もつかなかったのですが、わかりやすくいうと「もののけ姫」に似ています。自然は大事だよというような内容となっています。

アバターは、作品の上映時間が3時間近くあったので、正直疲れました。
また、3Dということもあって最初のうちは目が慣れなかない状態が続いたのですが、最後のほうでは違和感がなくなっていました。

3Dの場合、目が疲れやすくなりやすいので、体調を万全にしておくことが大事です。今後、3Dで上映される映画が増加していくと思われますが、やはり最後は内容が伴ってなければつまらないものとなります。

家庭に3Dが普及するまでは、3Dの映画をみられる映画館は強みとなるのではないでしょうか。但馬人としては、但馬にひとつぐらい3Dが見られる映画館があればと思ってしまいます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ