1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2010年の日記
  4. LUMIX DMC-TZ7が故障したから修理してもらった

LUMIX DMC-TZ7が故障したから修理してもらった

記 2010年2月9日
先週、撮影に行こうと意気込んでいたのですが、水曜日に2009年5月末に購入したLUMIX DMC-TZ7が故障してしまうハプニングに見舞われた。まだ購入してから1年も経っていなかったので、驚いた

故障した症状は、撮影した写真に黒い点が映る現象が発生したのだ。
レンズ内部に埃でもはいったのかどうなのかはよくわからないのだが、初めて経験することだったのでどう対処しようか困った。日が経てば直るだろうかと思ったが、そんなうまい話はなかった。

それで、直る事もないことを悟り、修理に出すことにした。
ただ、ネット通販で購入し5年保証をつけていなかったのだが、幸い1年経っていなかったのでメーカー保証で済んだ。

さて修理はどうするか調べてみると、PanasonicのLUMIXにはLUMIX 修理サービスという便利なサービスがあることを知った。その中の、LUMIX 修理サービス - 宅配サービスを利用した。

詳しいサービス内容は省きますが、とても便利なサービスだ。
ただし、修理品を送ってもらう送料だけは必要だったので、泣けた。こういったことがあると、メーカー保証があって安心、5年保証があってもっと安心というよりは、壊れないことが最大の保証だ。送料分だけ損するわけだから。それに、また同じ症状が再発する可能性もある。

今回、処置された内容は↓

・メイン基盤の交換
・レンズ部ホコリクリーニング
・調整・各部動作テスト

故障して初めて気づくカメラという尊い存在。
やはりこういった事からも保証は付けておくべきではあるが、最低でも5年は故障しない製品であって欲しい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ