1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2009年の日記
  4. コウノトリの郷公園と豊岡市民プラザでワンセグ実証実験?

コウノトリの郷公園と豊岡市民プラザでワンセグ実証実験?

記 2009年8月27日
但馬でワンセグ放送実証実験 地域情報、携帯に配信

日本海新聞の記事なのですが、実は読売新聞但馬欄でも出ていました。
神戸新聞では購読していないから記事になったのかわかりませんが。記事を読んでもらえるとわかるのですが、ワンセグ実証実験でどんなことをするのかというと、いわゆる、半径200~300mの狭いエリアに向けてワンセグ放送で独自情報を流すらしい。

記事によると、放送内容は地域情報、観光情報となっています。
コウノトリの郷公園ではコウノトリに関連した情報、豊岡市民プラザでは子育て情報を。 たぶん地域情報、観光情報と織り交ぜて放送されるのでしょうけども、実験の結果は失敗に終わりそうな予感がします。

わざわざワンセグでなくても、現地にタッチパネル式の情報端末を設置したほうが実用的な気がしてなりません。昨年の春に姫路菓子博で同じようなことを実験していましたが、誰もワンセグを見ている人は見かけませんでした。

結局、ワンセグで情報が得られるということをまず知ってもらわなきゃいけないのと、たいした情報が得られないとわかってしまうと、すぐに携帯電話を閉じられてしまいます。実験を成功させるには、どれだけ便利なものなのか有効なものなのか知ってもらうことからはじめる必要があるでしょう。

ただ、今急速に注目が集まっているデジタルサイネージというものがあるので、そちらも実験して欲しいです。10月から開始されるようなので、一応撮影に出向きたいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ