1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2009年の日記
  4. 但馬三江駅がコウノトリの郷駅に改称!

但馬三江駅がコウノトリの郷駅に改称!

記 2009年2月26日
但馬三江駅がコウノトリの郷駅に改称されるようです!
平成21年度の豊岡市予算案の平成21年度主要事業の概要に示されていました。
ついに、コウノトリの郷駅実現です。これは、良い試みです。

但馬三江駅。

それにあわせて公衆トイレも改修されるようで、但馬三江駅のトイレは使用不可の状態でしたので、待望の新しいトイレです。前から言っていますが、トイレは一番大事です。軽視できない存在です。

どうしても山陰本線だけが重視されがちですが、北近畿タンゴ鉄道は但馬と京都府との繋がりですから、もっと重要視されても良いはず。ただ、利用客が極端に少ない但馬三江駅でしたので、ないがしろにされてきたのは仕方ないのかもしれません。

但馬三江駅前。

今後は、但馬三江駅をコウノトリの郷駅に改称しトイレも整備し、駅前に何もないので駅前も賑やかになると良いですが、その前に、乗客をいかにして増やすかと言うことが課題。

そこで提案したいのが、コウノトリの郷駅と兵庫県立コウノトリの郷公園と久々比神社の3つを回るとコウノトリキティの限定バージョンが手に入るというような観光コースはどうでしょう。赤ちゃんの欲しい方にコウノトリキティは大人気ですから、活用するべきです。

コウノトリ列車というのもありでしょう。なんでもかんでもコウノトリに繋げてコウノトリにあやかってしまうという卑しいですが、当たり前のことをしていても当たり前の結果にしかなりませんので、この際、奇抜なことをやるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ