1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2008年の日記
  4. ガソリンが暴騰

ガソリンが暴騰

記 2008年5月25日
こりゃー今年中にガソリン200円も近い気がしてきた最近。
相変わらず福田首相はひょうひょうとしてどこ吹く風。福田首相もビジョンがないのなら、早く交代して欲しいと願う。首相になって満足しているようだと、そりゃービジョンもないわけですが。

国民が苦しんでいるのに何も手を打たないっていうのは情けない。誰のための政治なのか。誰を潤したいのかさっぱり。いいかげん日本人も我慢の限界に近づいてきているでしょう。ガソリン高は地方の死活問題。地方を壊滅させてしまう。

もう道路を造ったとしても、走る車が減るはずだ。
するとまた、無駄な道路を造って!と言われるのがおちであります。結局、道路によって国民が豊かになったというと全くそうではないってことでしょう。道路を造り続けてきて現在に至るわけですが、生活が苦しくなっているっていうのは?

そこで!ガソリン高を乗り切るすべとしては、原点に戻ると言うことで。自転車で出かける。ネットショッピングを利用する。買いだめする。ドライブは出かけない。信号で止まることのないようにアクセルを調整する。レンタルCDやビデオを借りない。車のエアコンは使用しない。

これだけガソリンが高くなると儲かるのは自転車業界。
電気自転車は必ず販売数が増えてくるはずです。折りたたみ自転車も売れるでしょう。そして、列車と自転車の組み合わせが全国的に当たり前になる。

それにしても、わたしたち但馬人にとっては自転車で買い物に行けといっても、お店まで遠いし雨は良く降るし、自転車の通れる道が整備されていないので本当に不利ですね。国道でさえも歩道がないわけですから。

コープデイズ豊岡店やジャスコ和田山店のような大型ショッピングセンターが乗合バスを走らせてくれたら、随分助かる人は増えるでしょう。既にあるのか知りませんが、案としてはすぐ採用されてもおかしくありません。

それでも車を使用しなければいけませんので、
ボランティアが運営するガソリンスタンドが登場するのではないかと思っているのですが。利益のとらないガソリンスタンドの登場。

結局何が言いたいかというと、電気自動車の登場が待たれているわけですね。三菱自動車が発売するのは再来年?頑張ってもらいたいですね。北近畿豊岡自動車道やめて、但馬中に鉄道網を張り巡らせてもらうっていうのも有りかも。とにかく、町から町までの距離が遠いので、バスでは料金が高くなりすぎです。出石鉄道も復活すると面白いのですが。

スポンサーリンク

関連コンテンツ