1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2008年の日記
  4. パンの値段が急上昇

パンの値段が急上昇

記 2008年5月22日
小麦の価格が急騰している旨のニュースが飛び交う。
スーパーでパンの値段を見てみると、もう買う気が起きないほど値上げしてる。

菓子パンはたまに小腹が空いていたときに食べていたけども、もう買えないですね。これだけ小麦価格が急騰していると、小麦を使用しての商売はキツイはず。

よく考えたら国民が米を食べずにパンを食べるようになって、結局は田舎の衰退を招く要因にもなってるのだから。そう考えると、やっぱりお米を食べよう!という風潮が出てくれば田舎の元気が少しでも戻るはずです。

田舎を大事にすることが日本を守る。
日本の元気は都会からではないことが証明された今、田舎を大事にする流れがあれば。

話は変わりますが、都会のビル等で屋上緑化というのが流行っている?のか知りませんが、田舎の人間にとっては、はっきり言って滑稽な姿です。屋上緑化がまるで良いことのように言われていることがおかしい。そもそも、都会に人が密集しすぎです。

東京や大阪の舗装率は100%に近いでしょう。
いわゆる土がない。どこもかしこも何かしら舗装されているわけです。田舎の人間にとっては信じられないわけで、暮らすには憂鬱になります。

確かにお店や交通機関等は便利ですが、緑のなさは嫌にならないのでしょうか。緑があるだけで心休まりますし、治安上もとても良いでしょう。殺伐とした中で生きるって、疲れてしまうはずです。

と!都会の映像が出るたびに緑の少なさが気になっている次第です。東京の地下は穴だらけで大丈夫かと、そちらも気になっています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ