1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2008年の日記
  4. 兵庫向けのニュースに余部鉄橋が登場

兵庫向けのニュースに余部鉄橋が登場

記 2008年4月15日
「消えゆく鉄橋を惜しむ」と題してNHK神戸放送局より兵庫向けに余部鉄橋が登場しました。昨年一年間で約20万人の人が訪れたそうな。数字が本当かどうか知りませんが、但馬の人口そっくりそのままということを考えると、もったいないな~となります。

ニュースには余部鉄橋のすぐそばに記念スタンプが押せる休憩所を設置した余部地区に住む米澤照夫さんが登場。訪れる観光客向けに設けたそうだ。休憩所に置いた思いで帳というノートには訪れた方の思いが綴られているようです。

鉄橋で観光客を取るか、定時運行できるコンクリート橋を取るか?
但馬地方にとっては難しい選択でしたが、新しい橋のイメージはひどいものです。全く景色に馴染んでないし、異様な光景です。

地元の民宿にも毎日のように問い合わせがあるようで、今の鉄橋がいつ頃まで見られるのかという問い合わせが多いそうです。その民宿は岡甚。民宿の主人である余部観光組合の岡本則儀組合長が登場。

スポンサーリンク

関連コンテンツ