1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2007年の日記
  4. またまた三川山に行ってきた

またまた三川山に行ってきた

記 2007年5月21日
昨日、豊岡市日高町水口の集落から伸びている林道を通って、三川山まで行ってきました。ちなみに水口は神鍋高原側の地区です。目的は、三川山にある香住局の地上デジタル放送工事の進捗具合を確かめに訪れました。

天気は、曇りでしたが晴れ間が覗いたり隠れたりする不安定な感じで、三川山の頂上あたりは、晴れ間から程遠い、雲に覆われた状態で、今にも雨が降るような感じでした。気温も10℃ほどだったと思います。

肝心の工事の進捗具合はというと、前回訪れたときはアンテナ塔は半分しか完成していませんでしたけど、今回は、ほぼ完成に近い感じでした。後は、パラボラアンテナを取り付けて完成という感じでしょうか。写真を撮影しようと思ったのですが、頂上付近は、霧が立ち込めて撮影できるような状態ではありませんでしたので、断念しました。

それにしても、日曜日ぐらいは工事は休みだと思っていたのですが、行われていたのには驚きました。工事を行っている業者は、大阪の業者で、西口組という会社です。活きのいい大阪弁がアンテナ塔から飛交っておりました。私が訪れたとき、三人の登山者と頂上付近ですれ違いました。その三人組は、話し方から京阪神の方でした。三川山も人気があるんだなと実感した場面です。

工事も今月中には終了しそうですが、上記で述べたアンテナ塔の工事の話は、受信用のアンテナ塔の新設工事ですので、それが完成したら、送信用のアンテナの工事をしなければいけません。既存のアンテナに取り付けるのか、新設するのかはわかりかねますが、着々と地デジ開始の準備は整ってきています。それでは、今後も逐一見守っていきたいと思います。

追記:上記に書かれている内容は勘違いした内容です。
工事が行われていたのはテレビ中継局のものではなくて、兵庫県のヘリコプターシステムのための工事です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ