1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2007年の日記
  4. 豊岡市地域情報化基本計画が策定された

豊岡市地域情報化基本計画が策定された

記 2007年5月10日
豊岡市地域情報化基本計画が策定されたと豊岡市公式サイトで掲載されてました。全ページ目を通したのですが、なるほどなるほどと、頷くことばかりでした。基本計画の次は、実施計画の策定になるのだと思います。その地域情報化についてこんな物があります。↓

豊岡市総合計画の『実施計画』のなかに、地域情報化基盤整備事業というものがあって、平成19年から平成21年度までの期間で行われる事業の内訳が書いてあるわけですが、今年は、実施計画の策定で、来年、再来年は、光ファイバー網の整備となっております。これは、豊岡市内でも光ファイバーが来ていない集落に通すために行われます。豊岡市内のほとんどの集落には、光ファイバーが来ています。これは、関西電力系列のケイオプティコムが引いた光ファイバーです。

いずれNTT西日本が光ファイバー網を設置することとなりますが、豊岡市内では、ケイオプティコムが先行しています。隣町の香美町でも、ケイオプティコムが光ファイバー網を町内全域に整備しました。一部、せいびされていない集落もあると思いますが。

地域情報化計画の一端を担うのは、光ファイバーになるのではないでしょうか。ですから、豊岡市内全域にくまなく引くことが使命となります。家の周りにある、電柱から電柱に伸びている線をみていただければわかりますが、一番地面に近い線が電話線で、その上に光ファイバーがあると思います。電話線と比べると、細くなっています。

何が言いたいのかわからなくなってますが、豊岡市は光ファイバーを通して、情報化を推進させるということです。これは、豊岡市だけでなくて、全国的な取り組みです。

全国のどの町も、だいたい同じことをしています。いったい豊岡市は、この地域情報化でどんなことをしてくれるのか楽しみですね。便利になるよりも、暮らしが豊かになるといいですね。便利になるのが必ずしも良いとは限りませんからね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ