1. トップ
  2. 管理人つれづれ日記
  3. 2006年の日記
  4. 公立豊岡病院は赤字

公立豊岡病院は赤字

記 2006年10月24日
この日は、午前中は青空だったのですが、午後からは、急に雲が空を覆って曇天になりました。曇り空だと綺麗に撮影出来なくて困りますね。それに、病院を撮るのは、楽しいものではないですね。そもそも、病院は楽しい場所じゃないですが・・・。

公立豊岡病院は、毎年赤字体質なんですね。毎年、毎年赤字。
なぜなのか、よくわからないのですが。患者が少ないせいなのか。それとも外来患者が多くて、入院患者が少ないからなのか。

最新の医療機器の導入にもお金かかりますし。でも、新しい病院はやっぱり良いです。以前の病院の建物は、白を基調にしたコンクリートでしたので冷たい感じでした。子供が病院嫌いになるのもわかるような建物でした。

今の建物は、あったかい雰囲気になって、駐車場も随分広くなりました。
旧病院だと、駐車するにも満車状態で一苦労でしたから。

最近では、医師不足が深刻です。田舎は、なにかと問題が発生します。
おなじみの事ですが、やはり都会に一極集中は良くないですね。

体制の整った病院も必要ですが、なにより、一番大事なのは、健康であることですね。健康が、最も良い病気!だと思います。表現はおかしいですが。

スポンサーリンク

関連コンテンツ